1. 「俺がこの会社を変えてやる!」仕事上で決意表明する際に気をつけなければいけない2つの注意点

「俺がこの会社を変えてやる!」仕事上で決意表明する際に気をつけなければいけない2つの注意点

by akaitori
 仕事でこれから自分が目標にしたい物事があるときに、大勢の人間の前で自分の目標や達成したい内容などを発表する、決意表明をするときがあると思います。そのような時にどのような内容で発表したほうがいいのでしょうか。

 今回は、これから決意表明をするという方のために、仕事の決意表明をする際の内容と表明の仕方における注意点について紹介したいと思います。

1.自分に合った決意表明の度合いにする

 仕事の決意表明をする際の内容と表明の仕方における注意点としては、まずは今の自分にはまだできないが、自分が達成できそうな目標を立てることです。決意表明は、自分がこれから進めていく目標を多くの人に宣言することですが、あまりに低いハードルだと、周りに公言して、自身を追い込めるような効果を期待することができないのです。

 しかし、決意表明したからには達成させなければならない目標になってきますから、あまりにもハードルが高く、できるかどうかわからない目標を発表すると、後の仕事が色々と厳しくなってきます。ですので、少しハードルを下げて頑張れば達成可能な目標にしておくといいのです。自分の力と相談しながら、目標、目標の達成期間などを決めて、決意表明ができるようにすべきです。

2.言葉選びと具体的な内容を盛り込む

 次に、仕事の決意表明をする際の内容と表明の仕方における注意点としては、目標に向かってどのような方法で向かっていくのか、という具体的な内容を盛り込んでいくことです。具体的な内容がある決意表明となると、聞いている人からはどのように頑張っていくのかという過程などを見据えており、計画性があってすごく考えながら行動ができる人間であるという風にみられるのです。

 ですので、具体的な内容を盛り込めるように内容を考えていくべきです。また、内容をよりよく見せるために四字熟語のような言葉を利用していると、相手に対しては目標の見栄えやかっこよさが増しますから、スピーチの内容にあったものがあれば利用してみると、より相手に内容が伝わりやすくなると思います。


 後は、周りの人が聞いても不機嫌にならないように謙虚な言葉とまわりへの感謝の言葉を入れて、周りからの支援や信頼があったことを忘れていないようにするアピールを欠かさないようにすると、いい決意表明をできるようになるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する