1. ワークライフバランスとは「仕事と生活の分配」!ワークライフバランスを考えることの重要性

ワークライフバランスとは「仕事と生活の分配」!ワークライフバランスを考えることの重要性

 近年注目されている言葉として、「ワークライフバランス」というものがありますが、ワークライフバランスとは一体どういうことを指すのでしょうか?ここでは、ワークライフバランスの意味を説明し、ワークライフバランスの重要性を紹介します。

ワークライフバランスの意味

ワーク・ライフバランスとは、ワーク(仕事)とライフ(家庭や生活)のいずれか一方を犠牲にするといったものではなく、個人の働き方や企業の制度を見直すことで、ワークもライフもより充実したものにする、という考え方です。

出典:株式会社ワーク ・ライフバランス
 ワークライフバランスというと、仕事と生活の時間を分配することだと思いがちですが、本来のワークライフバランスの意味は、仕事と生活の分配というよりも、どちらも充実するための働き方という面が大きいようです。

フレキシブルに仕事と生活のバランスが変えられる

一人の中でも、ライフ・ステージや置かれた状況に応じて変動する。働く人の中で就業意識が多様化し、その分散が大きくなっているにもかかわらず、一方で提供される働き方が画一的で、働く人の多様性に対応していかなければ、働く人の不満は募るばかりである。

出典:特集
 ワークライフバランスの重要性は、自分の意思によって、働き方を変えられることだと言えるでしょう。バリバリ仕事をこなしたいというときは、仕事に大きな比重を置き、また、生活を充実させたい、たとえば育児に専念したいというときは、生活に比重が置けるというのが、ビジネスマンにとっては大きなメリットと言えます。

ワークライフバランスを実現するためには

もっとメリハリをもって働くことですね。本人のためにも会社のためにも。毎日5時や6時に帰れと言っているわけではなく、やることはやるにしても週に何回かは勉強する時間や運動する時間、家族と夕食をとる時間を作ることをした方が良いと思います。

出典:パク・ジョアン・スックチャ 講師の心.com 講演講師からのメッセージ
 労働環境的にワークライフバランスを実現するのが難しいという場合も多くあると思いますが、自分の中で、生活に工夫をして、自分の生活を充実されることが重要になるのではないでしょうか。


 ここでは、ワークライフバランスの意味を説明し、個人でワークライフバランスを考えることの重要性を紹介しました。しっかりとワークライフバランスを考えることがこれからのビジネスマンにとって重要になるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する