1. 旅行の雰囲気を損なわないために!社員旅行での幹事の挨拶の注意点

旅行の雰囲気を損なわないために!社員旅行での幹事の挨拶の注意点

by y_katsuuu
 社内行事を取り仕切った事はありますか?社員旅行の幹事となれば数日に渡って仕切ることになり、いつも以上に色々な準備をする必要があります。幹事になったときどういう挨拶をすればいいかを紹介します。

出発の挨拶

 社員旅行の目的は社員を労わるのと社員同士のコミュニケーションはかるのが目的です。仕事に分類されるといっても、多少砕けた態度が良いでしょう。まわりくどい話や形式ばった挨拶は厳禁です。明るい口調で場を盛り上げましょう。

出発の際の挨拶例

 おはようございます。今年の社員旅行を勤めます。○○課の△△です。一言挨拶いたします。今年で社員旅行は5回目となります。最近の日本では社員同士の付き合いは避ける傾向にありますが、我が社はそういうことも無く快く参加申し込みしてくれて幹事として嬉しい限りです。

 今日は仕事の事は忘れ、日ごろの疲れを癒し楽しく過ごしましょう!今回の旅はご要望が多かった豪華バイキング食べ放題の温泉ホテルです!移動中も退屈にはさせまんよ。バスの中ではカラオケもご用意してます。自慢の歌を披露できるチャンスです。今は言えませんが他にもサプライズイベントもありますので皆さんお楽しみに。何かありましたら遠慮なく幹事にお申し付けください。それでは旅行の2日間よろしくお願いします。

宴会前の挨拶

 宴会前はみんな空腹なので、挨拶は簡潔にまとめるようにしましょう。事前に直属の上司に乾杯の音頭をお願いしておいてください。宴会時の挨拶も難しいものではありません。

宴会前の挨拶例

 皆さん、バスの長旅お疲れ様でした。もうホテル自慢の露天風呂に入った方もいるようですね。このホテルはいつでも入浴可能ですので、後でゆっくり激務で疲れた体を癒してください。それでは宴会前の恒例の儀式をします。皆様、お手元にグラスはございますか?大丈夫ですね。それでは乾杯の音頭を○○部長に取っていただきます。部長よろしくお願いします。


 どちらも堅苦しくしないことが大事です。上司へのねぎらいの気持ちを忘れずに、手短にまとまっていれば大きな問題はないはずです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する