1. 企業側にも大きなメリット!ワークライフバランスを考慮した企業の取り組み

企業側にも大きなメリット!ワークライフバランスを考慮した企業の取り組み

 「ワークライフバランス」という言葉を知っていますか。ワークライフバランスは、仕事とプライベートの両方を充実させることによって、双方により良い影響をもたらすという意味があります。ここでは、企業がワークライフバランスを考慮するために取り組むべきことを紹介します。

残業があるような長時間労働をやめる

 日本は先進国の中でも労働時間の長さがトップクラスとなっています。しかし、それが生産力に反映されているかどうかは疑問が残ります。長時間従業員を労働させても、効率性は逆に下がってしまうというデータもあるそうです。企業としては、効率化を図るためにも、長時間労働はやめて、ワークライフバランスを重視したほうがいいのではないでしょうか。

休暇取得を促進する

 有給休暇を申請しにくいというのも企業が抱える問題点と言えるでしょう。しっかりとした休暇を与えることで、社員の仕事に対するメリハリが変わり、しっかりと仕事に集中して働ける環境を作ることができます。

自由な職場環境を作る

 産休や育休がとりにくく、女性の社会進出が難しいことがワークライフバランスがうまく作れない原因となっています。復帰することが容易であったり、休んだり、復帰することが自分の意思で選択できる自由な職場の環境も会社が率先して作るべきなのではないでしょうか。


 ここでは、ワークライフバランスを考慮した企業の取り組みを紹介しました。企業にとってはマイナスに感じるかもしれませんが、大きなメリットがワークライフバランスを考慮することで手に入るということを考えてみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する