1. 早速実践してみよう!"デキるビジネスマン"というイメージを周囲に与えるための「ちょっとした工夫」

早速実践してみよう!"デキるビジネスマン"というイメージを周囲に与えるための「ちょっとした工夫」

by Victor Vasques
 普段の仕事のやり方にわずかな工夫をするだけで、周囲にデキるビジネスマンと思わせることができます。デキるビジネスマンというイメージを、周囲に与えることに成功すれば、周囲の人はあなたの仕事ぶりを尊敬のまなざしで見つめるようになり、率先して仕事に協力してくれるようになるでしょう。

 周囲の人たちにデキるビジネスマンと思わせるためには、どのような工夫をすればよいのでしょうか。今回は、デキるビジネスマンと思われるための、さりげない仕事の工夫について解説します。

身だしなみに気を使う

 デキるビジネスマンと思わせるためには、常に身だしなみに気を使い、清潔で爽やかな服装を着用することが重要です。人の印象は8割が見た目で決まると言われるように、デキるビジネスマンとのイメージは外見が大きく影響します。

 シワのないスーツをびしっと着こなし、品のいいネクタイを締め、派手すぎないセンスの良い靴を履けば、それだけで周囲の人間にデキるビジネスマンと思わせる事ができるでしょう。

 よりイメージをアップさせるためには、時計や万年筆などの小物に凝ると効果的です。通好みの一品を奮発して購入すれば、同年代以上の男性に与えるイメージは大幅にアップします。香水を使用するのもオススメですが、あまり強い香りをつけてしまうとかえってイメージを落としてしまいます。あくまでもさりげなく香りをまとうのが、デキるビジネスマンの振る舞いです。

お礼を言う

 仕事で何か協力してもらったら、ちょっとしたことでも必ずお礼を言いましょう。簡単なことですが効果は大きく、少しずつ好印象を積み重ねてデキるビジネスマンと思わせることができます。注意点としては、相手によって態度を使い分けないことです。

 年の離れた後輩に対しても、目上の人と接する時と同じように丁寧な態度で接すれば、後輩はあなたに好印象を持ち、憧れのデキるビジネスマンというイメージを抱くことになります。

相手の話を否定しない

 マイナスの印象を避けることで、デキるビジネスマンのイメージに近づきます。相手の話に納得できなかったとしても直接的に否定することは避け、まずは相手の話を尊重するようにしてください。

 「あなたの言い分には理解できる」という前置きをしてから自分の意見を述べれば、相手は自分の意見に理解を示してくれたと感じ、たとえ意見が採用されなかったとしてもあなたに好印象を抱くでしょう。

 同じように、何かを人に指示する時も、命令形ではなくお願いという形で話すと好印象を与えるのです。「コピーをとってください」よりも「コピーをとっていただけませんか?」という言い方の方が、相手を尊重している印象になります。


 デキるビジネスマンと思わせるためには、仕事の能力そのものはあまり関係がありません。目的はあくまでもデキるビジネスマンと思わせる事であり、仕事が出来なくてもデキるビジネスマンと思わせることができれば、それでよいのです。まずは形から入り、少しずつイメージを浸透させていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する