1. 効率的に「考える」仕事をこなすために意識しておきたい2つのこと

効率的に「考える」仕事をこなすために意識しておきたい2つのこと

by Isengardt
 マーケティングや開発、ウェディングプランナー、ファイナンシャルプランナーさらには政治家など、今数え上げた仕事だけでも「考える」作業をともなう仕事は多数あります。マーケティングは製品やサービスを作って効率的に売るため、革新的な技術を開発してイノベーションを起こすため、結婚する二人に最高のひとときをプレゼントするため、お客様の収入や負債にあわせて住居や教育に最適な道筋を指し示すため、その職業につく人は「考える」ことに日々励みます。

 今回は、仕事上で「考える」ことがあった時にいかに効率化するか、について見ていきましょう。

効率的に考えるためには正確な情報が必要

 この考える行為は重要ですが、あまりに大きな時間をかけたくないのも事実です。少ない時間で大きな成果の出せる企画や計画を立てるためには、どのようにしたらいいのでしょうか。

 やはり、現代では正確な答えを出すためには正確な情報やデータが大切になってきます。正しいデータや情報をもとに必ず成功する算段を導き出すことが求められ、間違った情報や少ないデータでは実際に市場があるのか、計画が成功するのか可能性を低くもたざるをえません。

多くの人に自分の「考え」を公開する

 「考える」仕事というのは、自分の中で深めていくものであるのと同時に、第3者に公開して意見を求めたり、フィードバックを仰ぐことも大切です。自分では気づかなかった視点や問題点を思いがけず知ることもあるので、社内の同僚や上司に多くの意見をもらいたいところです。もしくは、お客様から直接意見を汲み取ることでいいアイディアにつながることもあります。


 「考える」仕事というのはときにダイナミックな発想やアイディアを必要とします。だからこそ長い時間をかけなければ実を結ばないことも多いのです。しかし現代を生きる人にとって時間は命です。故に、どうすれば効率的に短時間で最高のアイデアを出せるのかを日々考え、行動していきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する