1. 「いつも同じ事してる…」マンネリ化しないために仕事に必要なチャレンジ精神の極意

「いつも同じ事してる…」マンネリ化しないために仕事に必要なチャレンジ精神の極意

by luckylynda74
 仕事を毎日していると、だんだんマンネリ化してきます。工場などのように均一な仕事を行うためには、一定のマニュアルをしっかり守った平穏な毎日が必要ですが、そうじゃない場合は、どんどん仕事に幅を利かせて進化していかないと、新しい発見や、進歩が生まれません。そのためにはやはり新しいアイデアやチャレンジ精神が必要になります。

 では、チャレンジ精神があるとどんな効果があるのでしょうか、一緒に見ていきましょう。

チェレンジ精神は新しい風

 なんでも、同じ行為や同じ時間が経つとマンネリ化や風化してきます。自然の世界でも同じです。仕事の場合でも同じ仕事、安定な仕事ばかりしていると同じことが起きてきます。そして、仕事の意欲も落ちたりとマイナス効果のほうが多くなってきます。

 仕事をする人間が、常に刺激を求め、チャレンジ精神を持ち合わせて仕事をすると、今までの仕事のマイナスな一面を発見できたり改善できたり、そしてまた新しい発想が生まれたりすると常に進化していきます。刺激があると、仕事の意欲も変わってきます。新しい風は、どの世界においても必要不可欠なものです。

チャレンジ精神がない人は機械と同じ

 もし、刺激も無い毎日が続けば、作業も同じになり、マニュアル化され、誰でもいい仕事になっていきます。そうなると人間がする必要性がなくなってくるのです。機械にないもの、それが人間の知恵や、アイデア、経験、トラブルだったりするのです。

 人間は失敗して学ぶものなので、確実に改善され、進歩していくのです。もしチャレンジ精神のある人間が一人でも二人でもいれば、仕事のマンネリ化は絶対に起きません。仕事に進化があるからです。機械にはできない素晴らしいものが人間にはあるのですから、仕事に生かさないともったいないのです。

チャレンジ精神は環境に左右される

 会社自体が上下関係、縦社会が厳しく、ル-ルに乗っ取って進めていく会社の環境では、なかなか新しいアイデアも斬新な行動も取れません。環境が関係します。上司だろうと部下だろうと、自由に意見を交換し合える環境、意見を尊重できる環境、新しいことをみんなでチャレンジしてみようと思う心を持ち合わせていないと、せっかくのアイデアがあっても潰されてしまったりしてしまい、チャレンジしたいと思わなくなってしまいます。どんどん仕事を進化させていくためには、やはりチャレンジしやすい環境作りも必要です。


 以上のように、新しいことを受け入れることは、なかなか難しいのが現状ですが、少しでもチャレンジ精神を持ったりそれを生かせる環境があれば、どんどん仕事に反映させることができるようになります。ですので、チャレンジ精神を持って仕事に向き合っていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する