1. 普段の仕事から意識しておきたい!仕事での「スランプ」を短期間で克服する方法

普段の仕事から意識しておきたい!仕事での「スランプ」を短期間で克服する方法

by szeke
 仕事で一度スランプに陥ってしまうと、再び元の状態を取り戻すまでには、長い時間が必要になります。スランプに陥ってしまった人は、スランプになりたくてなっているわけではありません。仕事に対して真面目に取り組んでいたとしても、注意を怠れば、誰にでもスランプに陥る可能性はあるのです。スランプを防止するためには、仕事の中にあるスランプの芽が大きくなる前に摘み取ってしまうことが重要です。今回は、仕事のスランプに陥らないためのスランプ癖の克服方法について紹介します。

イメージトレーニング

 スランプの主な原因は、仕事の成功イメージを失ってしまったことによる、メンタルの不調です。一度失敗のイメージが頭についてしまうと、仕事に対する成功イメージを思い浮かべることができなくなってしまい、失敗に対する恐怖から仕事が手につかなくなってしまうため、スランプに陥ってしまいます。

 メンタルの不調によるスランプを克服するためには、成功した時のイメージを何度も頭に思い浮かべるイメージトレーニングが有効です。自分の仕事の成果を見直すのも効果的ですし、仕事に自信がある時に動画を撮影しておくのも有効でしょう。

 スランプに陥りかけたときに、成功していた時の自分を客観的な目で見つめ直せば、自分に対する自信を取り戻すことができるので、スランプに陥る前に再びメンタルを立て直し、スランプ癖を克服することができます。

 スランプに陥るということは、それまでは成功体験があったということです。失敗のイメージを払しょくし、成功のイメージだけを頭に残すのが、スランプ癖の克服に繋がります。

作業手順のチェック

 スランプに陥ってしまうと、それまで自分がどうやって仕事を成功させていたのかがわからなくなってしまいます。どうやれば成功させられるのか、という手順を見失ってしまっては、スランプ状態を抜け出すのに長い時間がかかってしまうでしょう。仕事に慣れてくると何も考えずに仕事を進められるようになりますが、慣れで仕事をしていると仕事のやり方を正しく認識できなくなってしまいます。

 無意識の行動は頭にやり方が残りません。手順の一つ一つをチェックしながら順を追って進めていくことで、正しい作業手順を認識することができます。万一、スランプに陥ってしまったとしても、作業手順を丁寧に追って再現していけば、仕事がうまくいっていたころの感覚をすぐに取り戻せるため、スランプ癖がつく前に速やかにスランプ状態を抜け出すことができるでしょう。


 一度スランプに陥ってしまうと、自分の問題だけではなくなり、周囲にも仕事のフォローなどで迷惑をかけてしまいます。スランプは問題が小さいうちに抜け出すことが重要です。スランプをこじらせてしまうと長い間、問題を引きずることになってしまうにで、普段の仕事の中でスランプの防止に対する意識を持つことが大切です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する