1. "責任"を負うだけではいけない!「プロジェクトリーダー」がチーム内で果たすべき3つの役割

"責任"を負うだけではいけない!「プロジェクトリーダー」がチーム内で果たすべき3つの役割

by ronsaunders47
 プロジェクトを成功させるためには、プロジェクトリーダーの果たすべき責任は大きなものになります。プロジェクトリーダーは、プロジェクトの最終的な責任者となるだけではなく、作業工程のあらゆる場面において、作業が円滑に進むための努力をしなければなりません。

 プロジェクトリーダーが組織活動の中で責任を負う存在である以上、チーム内で果たすべき役割も多岐にわたることになるでしょう。今回は、プロジェクトリーダーがチーム内で果たすべき役割について解説します。

1. 意思決定

 組織が一丸となって活動するためには、リーダーが最終意思決定者の役割を果たさなくてはいけません。組織活動の方向性を決めると同時に、結果を左右するような重要な決断に対しては、プロジェクトリーダーが責任を持って意思決定を行う必要があります。

 プロジェクトリーダーが意思決定者としての役割を果たすためには、メンバーからの信頼が必要不可欠です。メンバーがプロジェクトリーダーの能力と資質を信じてついてきてくれるからこそ、意思決定に従って活動できる体制が作り上げられ、組織が一丸となって活動することができます。

 意思決定者としての役割を果たすためには、プロジェクトリーダー自身がメンバーから尊敬され、信頼されるような人物でなければなりません。

2. 戦略立案

 プロジェクトを成功させるために、どのような手段を用いて、どのような道を進むのか、理想的な戦略を立案することができなければ、プロジェクトリーダーとしては失格です。戦略は組織が進むべき道筋を示して、活動を促すための重要なものです。現状を正しく分析し、プロジェクト成功のためにはどのような方法でアプローチをするべきかを見出すことができる人物だけが、理想的な戦略を立案することができます。

 戦略立案には、現状を捉える力と未来を予測する力の両方が求められます。戦略によって組織の運命は大きく左右されることになるため、プロジェクトリーダーは持てる能力と知識をフルに使って戦略立案の役割を果たす必要があるのです。

3. 労働力配置

 チームの能力を最大限に発揮するためには、メンバーそれぞれが持つスキルや能力を正確に把握し、個人の能力を最大限に発揮できるように最適な労働力配置を行うべきでしょう。例えば、普段の仕事ぶりをチェックしながら優秀なメンバーを見出して仕事を与える、能力を発揮できていないメンバーとは面談を重ねて不満をヒアリングする、希望を聞き取り調査して配置を変更するなどです。

 どれだけ優秀なメンバーを揃えたとしても、適切な労働力配置ができなければ能力を生かすことができず、成功への道のりは遠いものになってしまいます。人材の持つ能力をいかに引き出せるかが、プロジェクト成功のカギを握るのです。


 プロジェクトリーダーはプロジェクトの成功に責任を負うだけでなく、メンバーを統率しながら組織活動を改善していく役割を担います。ただ成功のために活動するだけでなく、より理想的な働き方を追求していくのが、プロジェクトリーダーに求められる役割なのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する