1. 成果を残したければすぐに身につけよう!優秀なチームリーダーになるために必要な3つのスキル

成果を残したければすぐに身につけよう!優秀なチームリーダーになるために必要な3つのスキル

by Roberto Taddeo
 優れたチームリーダーになるためには、組織を率いていくために必要なスキルを身につけなければなりません。チームリーダーが、必要なスキルを身につけていれば組織活動の効率は改善され、部下はより良い環境で仕事に専念できるようになるでしょう。

 もし、チームリーダーが必要なスキルを身につけていない場合、解決すべき問題が発見されないまま放置されるようなことになってしまい、組織活動に重大なトラブルが発生してしまうかもしれません。チームリーダーに必要なスキルには、どのようなものがあるのでしょうか。今回は、チームリーダーとして必要とされるスキルについて解説します。

1. ロジカルシンキング

 組織をより良い姿に改善していくためには、組織内に潜む問題を発見するスキルが求められます。問題が常に表面化しているとは限りません。多くの問題は、見えないところでゆっくりと進行し、表面化した段階ではすでに手遅れになっている可能性があります。

 組織に潜む問題が大きくなる前に見つけ出し、適切に対処することができれば、組織は大きなダメージを負わずに、より良い方向へ進んでいけるでしょう。問題の発見に力を発揮するスキルが、ロジカルシンキングです。

 物事を論理的に捉えて分析するロジカルシンキングは、観測された事実からさかのぼって原因を究明することができるスキルです。ロジカルシンキングを活用することで、組織内の表面介していない問題点を探し出すことが可能になり、組織活動を円滑にすることができます。

2. タイムマネジメント

 タイムマネジメントとは、時間当たりの労働生産性を改善する時間管理です。業務管理にタイムマネジメントを導入することで、組織の持つリソースを最適な形で配分することができ、短い時間で高い成果を上げるようなスケジュールが組めるようになります。

 リソースの分配にタイムマネジメントを用いれば、同じリソースならより高い成果を、同じ成果を求めるなら、より少ないリソースで同等の成果を上げることができるでしょう。

 タイムマネジメントのスキルがあれば、部下はより効率よく働くことができるようになるため、充実した勤務時間を過ごして余暇時間を確保することができます。タイムマネジメントスキルは単に労働効率を改善するだけでなく、部下の労働環境の改善にも大きな力を発揮するのです。

3. コーチング

 部下の指導・育成もチームリーダーの重要な仕事の一つです。コーチングのスキルがあれば、部下の自主性を引き出しながら育てていくことができるので、一人でも仕事ができるだけの判断力と決断力を備えた人材を育成することができます。

 優れた人材を一人でも多く育てることができれば、それだけ業務進行は改善されることでしょう。プロジェクトリーダーがコーチングスキルを有していることで、長期的な視点に立ったプロジェクト管理が実現するのです。


 チームリーダーが必要なスキルを備えていれば、組織活動は活性化し、より理想的な働きが期待できるでしょう。チームリーダー目指す人は、必要なスキルの習得をお勧めします。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する