1. どのタイミングで連絡すればいい?当日に仕事を休むときの適切な理由の伝え方

どのタイミングで連絡すればいい?当日に仕事を休むときの適切な理由の伝え方

by Anton Novoselov
 急に仕事を休まなければいけなくなったときは、かなりの気まずさがあります。とはいっても、連絡もせずに休むわけにはいきません。当日の欠勤を連絡するときは、どんなことに気を付ければいいのでしょうか。

始業15分前に伝える

 当日に休むとなると迷惑がかかることは当然のことです。少しでも迷惑をかけないためには、なるべく早い時間に連絡しましょう。理想は始業の15分前です。仕事が始まってはいないけれど、多くの人はすでに出社しているからです。

自分の仕事を受け持ってくれる人を探しておく

 欠勤するときは、自分の仕事を代わりに引き受けてくれる人を探すことが大切です。これをするかどうかで、周りからのイメージが違ってきます。依頼する相手には個人的に連絡をして、欠勤の連絡をする際に改めて誰に何を任せたのかを伝えておくと良いでしょう。

直属の上司に伝える

 欠勤の連絡は、直属の上司にしましょう。同僚などに連絡して、人づてに上司に情報が伝わると、良くない印象を与えることになりますし、事実と違った情報で伝わってしまう可能性もあります。また部下が休んでしまった分の責任を追うのも上司の仕事です。申し訳なく後ろめたい気持ちがあるかもしれませんが、無理をせずに正確な情報を上司に伝えましょう。


 いかがでしたか?欠勤の連絡は前日までに伝えるのが一般的です。当日に休むときは、それを理解したうえで極力迷惑がかからないようにしてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する