1. コミュニケーションを取るために必要不可欠!理解力を高めるために読んでおきたい本

コミュニケーションを取るために必要不可欠!理解力を高めるために読んでおきたい本

 仕事の中で、うまく指示を受け取るために理解力を高めたいと思っている方は多いのではないでしょうか。仕事においても対人関係の構築においても、理解力は必要です。仕事を効率よく進めるにあたっては、作業内容をまずは正確に理解しておく必要がありますし、他の人とのコミュニケーションを取るにあたっても、相手を理解するということはとても大切なことです。ここでは理解力を高めるために読んでおきたい本を紹介します。

1を聞いて10わかる!  理解力・予測力・判断力に差がつく大革命

 ビジネスマンが求められる理解力や予測力、判断力を身につけるためのトレーニング方法を具体的に、かつ簡単に記している本がこちらになります。すぐに実践できる方法が掲載されているので、早く実行して理解力を付けたいという方には読んでいただきたい本です。

わかったつもり 読解力がつかない本当の原因

 理解力を身につけるためには、読書が効果的です。理解力は言葉を理解するという側面がかなり大きいので、言葉の文脈から本筋を読み解くという意味で読書による効能が期待できるのではないでしょうか。なぜ読解力が身につかないのか逆のアプローチから見ることによって、いかに読解力、そして理解力を身につければ良いのかということを書いている本です。

社会人として必要な「聞く力・話す力」の高め方

 この本は理解力としてのコミュニケーションの取り方に特化したものです。人と会話をする上で最も大切なことは相手に対する理解力ではないでしょうか。聞く力と話す力が付くことで、相手の話をしっかりと聞くことができ、また、相手に説明することができるようになるため、理解力も増したことになるでしょう。


 本のタイトルを見るとわかるように、理解力を高めるためのアプローチの仕方は色々とあることがわかります。自分が実行しやすいと思えるような本を選んで、日常のなかで活用してみるのが良いのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する