1. 人生は仕事だけじゃない!ワークライフバランスを考えることの必要性とメリット

人生は仕事だけじゃない!ワークライフバランスを考えることの必要性とメリット

 ワークライフバランスとは、仕事とプライベートとのバランスを意味します。仕事とプライベート、どちらかに比重が偏るのは良いことではありません。ここではワークライフバランスの必要性とメリットについて挙げていきます。

ワークライフバランスの必要性

 仕事をしている時間は、20歳から60歳ぐらいまでの40年間となりますが、人生のうちの半分ぐらいしか仕事をしている期間はありません。長い目で見ると、仕事だけでなく、他のことも充実した生活を送ることが、人生にとって重要なことといえるのではないでしょうか。ワークライフバランスの必要性はこのような考え方に基づいています。

仕事でのストレスを軽減

 たとえば今は経済的な問題は無いけれども健康面で心配されるとしたら、仕事は少し抑えようということになります。逆の場合もあります。そこで、その両者をどのように配分するかを考える上でもワークライフバランスは役に立つでしょう。極力ストレスを少なく生活するためにはどのようにすればよいのかを考えることができるというメリットが生じるわけです。

仕事の効率化に繋がる

 ワークライフバランスで得られるメリットとしては、仕事の中でいかに効率よく働くことができるかを考える余裕ができるということも挙げられるでしょう。また、充実したプライベートのなかで、スキルを磨くための時間を確保することもできます。限られた仕事の時間をいかに最大限に効率よく活用することができるかを考えることができるようになるのがワークライフバランスのメリットの1つです。


 ワークライフバランスの考え方はまだ浸透しておらず、「なんで働けるのに働かないんだ」という意見があるのは確かです。しかし、長期的な視点で立ってみると、その必要性とメリットが理解できるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する