1. 【価値観の違いで対立してしまった時に】仕事をする上で他人の意見を心から受け入れる方法

【価値観の違いで対立してしまった時に】仕事をする上で他人の意見を心から受け入れる方法

by William Christiansen
 仕事を進めるにあたって常につきまとう問題に、価値観の違いがあります。例えば、社内で話し合いが行われるとすると、そこで社員同士の意見の対立が起こるということは日常茶飯事です。これなどは、まさに価値観の違いから生じるものです。そこでお互いが自分の主張することが正しいと言い張り続けていれば、話し合いはまとまることはありませんし、何かを生み出す事も、前進することもありません。

 つまり、他人との価値観の違いを受け入れる必要があるということです。それはどのようにすればできる事なのでしょうか。今回は、他人の価値観の違いを受け入れるにはどうすれば良いのかについて見ていきましょう。

絶対的に正しいことなどないと理解する

 「自分の意見は正しい」という意識がないと、仕事を進めることは当然できません。もしそうでなければ、全ての事に自信がなくなり、仕事を完結することができなくなるからです。けれども、その一方で意識しておきたいことがあります。自分は"絶対的"に正しいと思わないことです。

 一見、先ほどの意識と相反するように見えますが、自分の意見が"絶対的"に正しいと思ってしまうと、仮に自分が間違ったことをしていてもそれが間違いだと気がつき辛くなり、他人とも意見の対立を引き起こしてしまいます。

 ですので、絶対的に正しいことなどない、と意識しておかなければならないのです。また、それこそが他人の価値観を受け入れるために必要な条件になってきます。

他人の価値観を受け入れる

 そして、他人の価値観を認め、受け入れることによって何が変わるのでしょうか。それは、他人の価値観によって自分の中に新たな価値観が生まれることに他なりません。新たな価値観が生まれれば、その分自分の自信も高まりますし、成長することができます。


 このように、他人の価値観を受け入れることで人は成長していきます。そして、今まで自分が知らなかった新しいことを吸収していけば、常に成長していける、素晴らしい人材へとなることもできるでしょう。ですので、自分の意見が絶対に正しいと思うのではなく、相手の意見も取り入れていけるよう頑張っていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する