1. 「スランプだ…」と深く考え込む前に!仕事で結果が出ないときの乗り切り方

「スランプだ…」と深く考え込む前に!仕事で結果が出ないときの乗り切り方

 仕事をしている上でどうしても、波があることを感じる人は多いと思います。調子の悪い時にはどうやっても結果が出ないと悩む時期もあるのではないでしょうか。ここでは、仕事で結果が出ないときの乗り切り方を紹介します。

調子の良い時と何が違うのか考える

 仕事で結果を出せている時と出せない時とでは何が違うのか、誰もがそれは知りたいことではないでしょうか。仕事の記録を毎日詳細に取り、調子が良かったときと悪かったときを分析できるようにするといいでしょう。

プロセスにこだわってみる

 単純に、良い結果を出せていないのであれば、もしこれまで出せていたとしてもその原因を探るよりも、どうすればその結果を出すことができるのかに焦点を変えた方が良さそうです。結果が出ないときこそプロセスにこだわって仕事をすることで、解決の糸口が見つかることもあるでしょう。

視点を自分ではないところに置く

 仕事ができないときは、自分の中で深く考えこみがちになります。しかし、人がどう見ているのかが案外重要です。仕事の結果に対しての受け止め方は人それぞれです。他の人に相談してみるというのも、結果が出ないときには重要になることと言えるでしょう。


 仕事の結果が出ないときは、深く考えこみがちですがそうすることで深みにはまってしまうこともあるでしょう。ここで紹介したような考え方で、仕事の結果が出ない状態を乗り切りましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する