1. 出勤が楽しみになる!刺激がある仕事をする方法

出勤が楽しみになる!刺激がある仕事をする方法

by Takashi(aes256)
 仕事に慣れが生じてしまうと、どうしてもミスが起きたり品質が低下したりします。慣れによって作業が雑になってはいけません。ここで大切なのが、常にある程度の緊張感を持って仕事に臨むことです。それでは、緊張感や刺激を持って仕事をするには、どんな方法があるのでしょうか。

常に新しい事に取り組む

 刺激を感じるためには、新しい事への取り組みが必要です。経験したことが無いことに対してなら、緊張感を持って取り組めるでしょう。新しい経験が積めると思えれば、毎日の出勤にも意欲がわくものです。今の仕事が余裕をもってこなせるようなら、周りを見て新しい仕事がないか探してみましょう。けれども、そうそう取り組めるような新しい事などないという方もいるでしょう。そのような場合にはどうしたらよいのでしょうか。

やり方を変えてみる

 これまでこなしてきた業務をさらに効率よくこなすためにはどうすればいいか考えてみましょう。クオリティを落とさずに時間を短縮するか、制限時間通りにさらに満足される出来にする方法を考察してください。もちろん最初のうちは効率が悪くなるかもしれませんが、そのプレッシャーが刺激となるのです。日々の仕事に退屈しているのなら、取り組み方を見直せばいいのです。


 刺激は受けるのではなく、自ら作り出すものです。そのためには、目的意識が不可欠です。常に目的意識を持ちながら仕事をすれば、自然と刺激を感じることができるのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する