1. 初心者でもわかる!戦略立案に必要な3つの基本的な手順

初心者でもわかる!戦略立案に必要な3つの基本的な手順

by Tom Wolf | Photography
 課題を克服するために、重要な意味を持つのが「戦略」です。戦略とは、課題を克服するためにどのような手順を取るのかということであり、行動の基本方針と指針を策定する作業でもあります。

 戦略立案を行うことで、成功まで具体的な道筋を示すことが可能になり、どのような方法で課題を克服するのかを明確に示すことができます。戦略立案というと難しそうに感じますが、基本的な手順さえ覚えてしまえば初心者でも簡単に戦略を立てることができるでしょう。今回は、初めての人でも分かるような戦略立案の基本手順について解説します。

情報を収集する

 戦略立案には、情報が非常に重要になってきます。課題に関わるあらゆる情報を収集することで、どのようなアプローチが可能なのかを知ることになり、取りうる戦略を明らかにすることができます。

 情報収集に不備があった場合、戦略に期待通りの効果が出なかったり、誤った方向へ進んでしまう可能性があります。収集する情報は一面的なものでは意味がありません。企業経営であれば企業側の視点・顧客の視点・市場の視点の三種類の情報が必要です。

 一面的な情報は、正しい戦略立案を阻害する要因になるので注意してください。どれだけの情報を収集出来るかによって、戦略の幅は大きく変わってきます。戦略の質を大きく左右することになりますから、徹底した情報収集が成功のカギを握ります。

アイデアの提案

 収集した情報をもとにして、どのような方法をとれば課題を解決できるのかというアイデア出しを行います。この段階で出されるアイデアは、戦略のたたき台になるものですから、必ずしも実現可能性を考慮する必要はありません。

 アイデアを磨いていく中で有用な場合もありますから、なるべく自由な発想で幅広いアイデアを提案することが重要になります。アイデアが集まったら、さらにそのアイデア同士の相互作用を利用して足りない部分を補い、余計な分をそぎ落として有効なアイデアへと昇華させていきます。

現実的手段の考案

 有効なアイデアが見つかったら、そのアイデアをどのようにして現実的なものにするのかを考えます。アイデアの段階ではまだ価値のあるものではなく、現実的に実行可能な方法に落とし込むことができて初めて戦略としての意味を持つのです。

 アイデアを一つに絞らず、複数の戦略を考案して最良の方法を選択するやり方もあります。状況に応じて、最適の戦略を採用することでより高い成果を得ることができますが、戦略立案の負担もそれだけ大きくなるでしょう。


 戦略立案は情報を収集し、収集した情報からアイデアを生み出し、アイデアを現実的手段に落とし込むという手順で進みます。

 この基本的な手順さえ覚えておけば、どのような課題に対しても適切な戦略を立案することが可能ですし、課題設定ができれば、どのようなことであっても戦略的な対応を取ることができます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する