1. "速く読む"だけでは本末転倒!「速読術」を身につけたい人にオススメする本3選

"速く読む"だけでは本末転倒!「速読術」を身につけたい人にオススメする本3選

by herval
 短い時間で、なるべく多くの知識を本から得るために「速読術」を身につけようと考えている人は多いのではないでしょうか。しかし、ただ速く読んでいるだけで、内容が全く頭に入ってこなかったという経験もあると思います。そこで今回は、「速読術」を身につけたいという人にオススメの本を紹介します。

1. 王様の速読術

 最初に紹介するのが、『王様の速読術』です。この本は、目的に合わせて「速読術」を学ぶことが出来るのが特徴の本となっています。

 ただ速く読むのではなく、いかに短い時間で本の重要な部分を吸収できるか、それがこの本のコンセプトです。「速読術」の入門編としてオススメしたい一冊です。

2. 齋藤孝の速読塾 これで頭がグングンよくなる!

 次に紹介するのが、『齋藤孝の速読塾 これで頭がグングンよくなる!』です。この本は、速読に大切な「2割読書法」「キーワード探し」といったテクニックを惜しげも無く披露してくれます。

 読んですぐに実践できるよう、内容も具体的になっているので、短い時間で「速読術」を身につけたいという人にはオススメです。

3. 新書1冊を15分で読む技術-スーパー速読1週間

 最後に紹介するのが、『新書1冊を15分で読む技術-スーパー速読1週間』です。この本は、日本速読協会からの井田彰氏が書いており、速読の基礎を学ぶことができます。

 1冊の新書を15分で読めるようになる具体的なトレーニング方法まで紹介されているので、この本を読んで実践してみれば、自ずと「速読術」は身についてくるでしょう。

 以上、「速読術」を身につけたいという人にオススメの本を紹介してきました。ただ速く本を読んで、内容が頭に入っていないのであれば本末転倒です。そうならないためにも、ここで紹介した本を読んで「速読術」を身につけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する