1. 今日は朝から体調が悪いなと思ったとき!会社に迷惑をかけないおすすめの対処法

今日は朝から体調が悪いなと思ったとき!会社に迷惑をかけないおすすめの対処法

by Takashi(aes256)
 みなさんは、体調不良のときに会社をどうやって休みますか。会社に勤めていたら、仕事の重大さや、人手不足の現状、自分のポストを考えると簡単には休めないのが現状です。

 では、周りの人はどんなときに会社を休むのでしょうか。会社を体調不良で休む人の理由や傾向を紹介していきます。

インフルエンザにかかった場合

 冬は、インフルエンザや胃腸風邪が猛威を振るいます。このような病気のときは会社の仕事も大切ですが、絶対に休んでください。無理して「仕事があるから」と会社に出社すると、大切な仕事をしている全員に移してしまうことになります。

 感染させてしまうと会社が機能しなくなり、かえって大迷惑をかけてしまうことになります。なのでこの場合は、病院でしっかりと検査をして医師の指導の下、許可が下りるまではしっかり療養しましょう。

体調は優れないが会社を休みたくない場合

 風邪も1週間ほどなら軽いものです。2週間、3週間咳が続いている、熱も下がらないから解熱剤を打ってから出社する場合は、しっかりと休まないともしかしたら重大な病気が隠れているのかもしれません。

 また、放っておく習慣がつくと、慢性的な病気になってしまいます。そういう場合は、しっかり休んで検査してもらう方が、先々のためにもなります。会社の為に身を滅ぼしては意味がありません。

出社前後に体調が悪くなった場合

 朝になったらお腹が痛い、冷や汗が出る、気分が憂鬱になる、休みたい衝動を抑えながら出社しているなどの症状はもしかしたら「うつ病」の初期症状かもしれません。

 こういう場合は、思い切って心療内科に受診して安定剤をもらって様子を見る方がいいです。自分の気持ちや体の異変に早めに気づくことによって早期発見することができます。

 仕事仕事といって自分を大切にしないと会社に復帰することも不可能なくらい重症化してしまう可能性もあります。しっかりお休みをいただきましょう。

 簡単に会社を休む事もいいことではありませんが、なかなか休まずに体調を崩してしまうのも困ります。いかに自分の体を大切にしつつ、仕事をするかがポイントになってきます。そして、休まなくていけないときは、遠慮せずに堂々と休みましょう。それが後々会社の為になってきます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する