1. くよくよ悩んでいる時間はムダ!決断力をつけるためのトレーニング方法

くよくよ悩んでいる時間はムダ!決断力をつけるためのトレーニング方法

 「決断」とは何かを「断つ」事から始まります。決断力が弱い人が陥りやすいのはは悪いイメージが先行してしまい、決断後の良いイメージを信じられていない癖があるように思います。ここでは、仕事で必要な決断力をつけるためのトレーニング方法を紹介します。

小さいことから自分で決める

 決断することは、その中身の大小に関わらず重要なことです。普段の生活の中でも、自分で決めるべきシチュエーションになった時は、自分で決めるようにしましょう。誰かの判断を待っていては、決断力は付きません。決断力をつけるためには、理由を明確にして、自分で判断をするようにしましょう。

決断までの時間を決める

 決断力がない人は、先延ばしにしてしまいます。決断力をつけるためには、時間に制限を付けることをおすすめします。時間に余裕が無い時は、人間はパッと物事を決断します。よく考えても、答えが出ない場合も多いので、パッと決断してしまう方が良い場合もあるでしょう。

失敗を受け入れる

 決断力が弱い人は悪いイメージが先行してしまいます。失敗したらどうしようと決断を尻込みしている間にも、選択肢の失敗確率は高まっています。失敗しても仕方ないことだというような気持ちを持つことで、決断力はより高まるでしょう。


 ここでは、決断力をつけるためのトレーニング方法を紹介しました。決断力をつけて、より早い決断を目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する