1. "商売道具"だからこそきちんと選ぼう!ビジネスマンに最適な「ノートパソコン」選びのポイント

"商売道具"だからこそきちんと選ぼう!ビジネスマンに最適な「ノートパソコン」選びのポイント

by Brandt Kurowski
 ノートパソコンと言えど様々なタイプがあり、ビジネスに合うもの合わないものがあります。ノートパソコンを頻繁に使用するビジネスマンであれば、選び方一つで仕事に大きく影響する事もあるので、自身の仕事や利用シーンを考え、慎重に選ぶべきでしょう。そこでビジネスマンに最適なノートパソコンについて、記載していきます。

OSについて

 まずOSですが、一般的なビジネスマンであればWindowsシリーズが入っているパソコンが望ましいでしょう。ビジネスで使用されるデータはWord、Excel等のWindows用のファイル形式が多いのが現状です。ビジネスマンとなると取引先等の外部とデータをやり取りする機会が多いため、OSが異なるとファイルが扱えないといった問題が出てきてしまいます。

 OSは後から入れ直したり、他のOSファイルを利用する事もやろうと思えば出来ますが知識が必要ですし、手間もかかる為、出来る限り最初からWindowsシリーズのものが望ましいです。またWindowsが入っていてもホーム向けのパソコンですと、Microsoft Office機能が入っていない場合があり、この場合ビジネスで使用されるWord、Excel等のデータは扱えません。ですから、Microsoft Office機能も入っているProfessional版のWindowsパソコンを選ぶのが良いでしょう。

 だだしデザインや設計など、クリエイティブな業界でビジネスを行なう場合は、Macintosh(以下Mac)パソコンを使用している事も多いです。ビジネスでMac用のデータを多用する場合や、自身でもデザインの加工等を行なう必要がある場合はMacにするのが望しいでしょう。

大きさ、性能等について

 ビジネスで使用する場合、大きさも意外と大事な要素になります。特に社外で使用する事の多いビジネスマンであれば、大きすぎるものは持ち運びの面で不便が生じるので、ある程度小型なものが望ましいです。あまりに小さいと、人によってはキーボードが使いにくいといった理由で作業が難しくなる問題もあるため、使い勝手も考慮して選ぶ必要があります。

 性能については最近のノートパソコンは、どれも大きさに関係なく、小さなものでもビジネスで必要な最低限の性能は確保できている物が多いため、あまり重要視はしなくても良いでしょう。今後はビジネスでもクラウド化がより普及し、個人のパソコンでも大きな処理を行う機会も減ると思うので、そこまで高性能なノートパソコンは必要ありません。ただし、ネットブックやノートブック等のノートパソコンに似た、小型で性能や機能を簡略化したタイプもありますので、最低限の性能確認は必要です。



 以上、ビジネスマンに最適なノートパソコンについて紹介してきました。ビジネスマンにとっての商売道具ですので、自分に合ったものを選びましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する