1. 【出世・挑戦・キャリアアップ】次のステップへ進むための転勤願いを通りやすくするコツ

【出世・挑戦・キャリアアップ】次のステップへ進むための転勤願いを通りやすくするコツ

 サラリーマンは、異動や転勤をどうしても申し出たい場合があります。多くの人は、今現在の部署や職場に何らかの不満を持っている人が、自ら異動や転勤を申し出るパターンが多いです。その場合に転勤希望を通りやすくするコツを紹介します。

転勤を通りやすくするためにしなければならないこと

 転勤を通りやすくするためにしなければならないことは、具体的な転勤理由を考えることです。転勤したいと思う理由は、どんな理由でもいいのですが、人事担当者や上司へ願い出る際には、不満や不平を理由にしないようにしましょう。

「今現在の仕事は、好きではないので頑張れない。」と素直に言っても、ほぼ転勤の希望はかなえられないでしょう。このような負の理由を述べては、転勤の希望が通らないだけでなく、あなた自身の評価も悪くなり、現在の職場にいることすら危うくなります。
 
 なので、不満を理由にするのではなく、前向きな理由を選ぶことにしましょう。「今現在の業務の経験を生かしつつ、どうしても営業職をしたい。」とか、「あの部署で、自分をレベルアップさせ、さらに会社に貢献したい。」などの理由が望ましいのです。

転勤が通るか通らないかは、企業の体質しだい

 希望の転勤が通るかどうかは、企業の体質にも依存しています。例えば、定期的に数十人、数百人単位で人事異動を行っている企業であれば、事前に人事担当者や上司に申し出をしていれば、異動をすることも可能になるでしょう。また、社員のチャレンジ精神を大切にする企業は、あまり深く考えなくても通ることもあります。
 
 転勤をする際には、自分の勤めている企業の体質を理解することが大切になってきます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する