1. 【経営者の基礎知識】従業員を雇う上で知っておきたい「解雇」と「退職」の違いと種類

【経営者の基礎知識】従業員を雇う上で知っておきたい「解雇」と「退職」の違いと種類

by cudmore
 「解雇」は、あらゆる意味でいわゆる「退職」とは異なります。では、解雇とその他の退職の違いはどこにあり、解雇にはどのような種類があるでしょうか。ここでは解雇の基礎知識として、「解雇の種類」と「退職の種類」について挙げてみたいと思います。

解雇と退職の違い

 解雇は、広い意味では会社都合退職です。 通常は解雇という形を取りたくないために退職勧奨などを行って労働者と合意し、会社都合退職にするケースが多いと言えます。 労働者が会社都合退職に同意せず、それでも雇用することができない場合に、解雇となるわけです。

退職の種類

 まず、そもそも退職にはどのようなものがあり、解雇とどのように違うかについて考えてみます。

1. 自己都合退職

 自己都合退職とは、労働者が自らの意思で退職を選択することです。ドラマなどで、主人公が、それまで温めてきたボロボロの退職願をスーツのポケットから取り出して上司の机に叩きつけるシーンなどがありますが、あのように退職願もしくは辞表を書いて退職するのが自己都合退職です。

2. 会社都合退職

 会社都合退職とは、会社の都合による退職勧奨などを受けて退職することです。この場合は労働者の意思で退職するのではなく、会社の推奨を受けて合意して退職することになります。よって、自己都合退職と比べると退職金や失業給付などで、優遇される場合が多くなっています。

 会社都合退職では、退職願もしくは辞表は書く必要がありませんが、会社によっては退職願もしくは辞表を書かせて結果的に、自己都合にさせてしまう場合もあるようですので、注意が必要です。

解雇の種類

 では、解雇にはどのような種類があるのでしょうか。

1. 普通解雇

 普通解雇は、原則として労働者側に問題があると使用者(企業)が判断した場合の解雇です。通常解雇という表現を使う場合は、この普通解雇を指します。しかし、いくら労働者に問題があると言っても、それが単に会社の都合ではなく、客観的に見て解雇に値するという場合でなければ無効となります。

2. 整理解雇

 使用者(企業)が経営上の理由で雇用を存続できない場合の解雇です。いわば「強制的なリストラ」です。この整理解雇には、「整理解雇の4要件」と呼ばれるものがあり、その4要件を満たしていない整理解雇は無効であるとされています。

3. 懲戒解雇

 懲戒解雇は、解雇の中でも最も重い処分になります。違法行為や使用者(企業)に対する重大な違反行為、反社会的行為などを行った場合に、強制的に即時解雇されるのが懲戒解雇です。

 懲戒解雇はその罪が最も重いとされるものなので、労働者の人生にも大きな影響を与えます。よって懲戒解雇については、どのようなことが対象となるのかが労働者へ周知されていることなどの配慮が必要となります。


 「解雇」と「退職」の違いと種類は以上です。解雇は労働者にとって大変な負担となるものであるため、使用者(企業)が濫用することがないように、法律で規定されています。不当解雇が行われることがないよう、使用者(企業)も労働者も、解雇の種類に関してしっかりとした理解が必要であると言えるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する