1. "骨折り損のくたびれ儲け"で終わらせない!情報収集で失敗しないための「アンケート調査」の注意点

"骨折り損のくたびれ儲け"で終わらせない!情報収集で失敗しないための「アンケート調査」の注意点

"骨折り損のくたびれ儲け"で終わらせない!情報収集で失敗しないための「アンケート調査」の注意点 1番目の画像
by Jocey K
 顧客の意識調査などに用いられるアンケートは、ビジネスに必要な情報を収集するために欠かせない活動の一つです。アンケートを通じて情報収集活動を行うことで、表面には表れない意識を知ることができ、マーケティングや商品開発に役立てることができるでしょう。

 アンケート調査を行う時に注意したいのが、正確な情報を集められるような方法でアンケートを実施することです。アンケートの取り方に問題がある場合、収集される情報に偏りや不正確なものが混じってしまい、正確な情報を活用することができなくなってしまいます。

 アンケート調査を実施する時には、どのような点に注意して調査を実施すればよいのでしょうか。今回は、情報収集で失敗しないアンケート調査の方法について解説します。

目的を明確にする

 アンケート調査を実施するに当たって、まず最初に考えなければいけないのが「調査の目的」です。目的を明確にすることで、正しい設問や内容を用いてアンケートを作成することができるようになり、調査ターゲットを目的に沿った形で設定できます。

 調査の目的は「ニーズ」と「課題」の2つで成立しています。ニーズと課題の二つを組み合わせることで目的が明確になり、より正確なアンケート調査を実行して必要な情報を集めることができるでしょう。

 実態を調査したいというニーズであれば、現状を正確に調査するという課題が設定されますし、仮説が正しいか検証したいというニーズであれば、仮説の検証という形でアンケートが実施されます。

 目的が明確でなければ、正確な情報を収集することができず、実態を正確に掴むことができません。まずは目的を明確にするところからスタートしましょう。

適切な設問を用意する

 アンケート調査では、調査対象に設問に回答してもらう形で調査が行われます。調査に使用される設問が適切でなければ、収集される情報は正確さを欠くことになってしまうでしょう。先入観や偏見を与えたり、特定の回答に誘導するような恣意的な質問は取り除き、公平な質問のみでアンケートを実施することが大切です。

 同じことを訪ねている設問でも、設問文の表現によっては回答を誘導してしまう恐れがあります。「好きなものに○を付けてください」という設問と「好きではないもの全てに×をつけてください」という設問は、同じような内容のことを尋ねている文章ですが、微妙なニュアンスの違いによって、回答に偏りが出てしまうかもしれません。この場合、好きでも嫌いでもないものに関しては、後者の設問の方が否定的な回答が集まりやすくなってしまうでしょう。

 微妙な表現の違いでも、収集される結果に大きな影響を与える可能性があるため、アンケートの設問文は入念にチェックをした上で、誘導や恣意的な表現が無いように整えておく必要があります。


 アンケートは正しい方法で調査を行えば、とても有効ですが、ずさんな方法による調査で得られた結果は判断を誤らせてしまう恐れがあります。調査結果がゆがまないように、丁寧な調査姿勢が大切です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する