1. 転勤期間ってどれくらいなの ?意外と知られていない「転勤」に関する知識

転勤期間ってどれくらいなの ?意外と知られていない「転勤」に関する知識

by J.Llanos
 職種によってさまざまな転勤期間。分かってはいても、他の人はどのくらいの頻度で転勤しているのか気になることでしょう。一般的に転勤が決まってから転勤するまでの流れと併せて、転勤期間の考え方を挙げていきます。

転勤の内示はおよそ1ヶ月前

 一般的に転勤の辞令は2週間前という会社が多いと思います。その前に、たいてい内示が出て本人は自分の転勤を知ることになります。この内示が出るのは、おおむね転勤の一ヶ月前という会社が多いようです。従業員が少ない企業ほど内示の時期は早く、逆に従業員の多い大企業ほど、内示から転勤までの期間が短い傾向もあるそう。

 大企業ほど転勤のシステムが整備されており、社宅などが用意されているところも多くあります。それは、転勤の準備期間が短くて済むのが主な理由として挙げられています。同じ企業でも、役職者の内示は転勤の2週間前、単身赴任と家族を含めた転居で内示期間を別に定める、といった措置をとっているところもあるようです。

転勤期間は約3年

 社内異動を含め転勤期間は3年程度で、設定している企業が多いようです。ただし役職者は2年、単身赴任は別に設定するなど、会社によって個別にルールを設定している場合もあります。

 組織における転勤の意義は、業務の活性化や不正などの事故防止の意味合いもあるため、健全な職場環境の維持と社員の負担を考慮に入れると、3年程度が妥当な期間と判断しているようです。

転勤が多いのは4月と10月

 ある統計によると、定期的に転勤を行う会社の中で転勤が多いのは4月と10月が全体の半分近くを占めるそうです。つまり、年度末や決算を終えた時期に転勤になるケースが多いということになります。ただし、これは定期的に転勤を行う会社に限った統計です。時期を決めず随時転勤するという会社も相当数あるため、4月に辞令がなかったからといって安心できるものでもないようです。


 企業の規模や職種によって、様々な転勤期間ですが、広範囲で事業を行っている企業では転勤は仕事の一環と捉える動きもあります。地域毎の特色や現状を仕事を通して見ることができる、と前向きに捉え、転勤期間が短く感じるような充実した日々を送れるようになりたいものです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する