1. "ビジネスマナー"として基本中の基本!「部署異動」をした際の挨拶で守るべき3つの手順

"ビジネスマナー"として基本中の基本!「部署異動」をした際の挨拶で守るべき3つの手順

by jinterwas
 業務で部署を異動した場合、関係者にきちんと挨拶をしておくのがビジネスマナーです。部署異動の挨拶を疎かにしてしまうと、新しい部署に移ったことが周囲の人間に伝わらずに仕事をする上で、問題が発生してしまう恐れがあります。

 部署異動をした際の挨拶は、どのように行えばよいのでしょうか。今回は、部署異動をした際の挨拶の手順について解説します。

1. まずは「直接挨拶」を心がける

 同僚や上司など周囲の人間に対しては、異動の挨拶は直接するのがマナーです。普段顔を合わせているのに、メールや電話で異動の報告をするのは失礼に当たるので、直接顔を合わせて挨拶するようにしてください。

 また、自分が担当していた取引先や重要な得意先に対しても、直接伺って挨拶するのがマナーです。担当の変更や引継ぎがある時は、新任の担当者と一緒に相手先に赴いて挨拶をしてください。

 担当者が変更するのに直接挨拶に行かないと、相手先に対して非常に失礼に当たります。長年お世話になった相手には、これまでの感謝とこれからも変わらない関係をお願いする意味でも、直接挨拶しておきましょう。

2. 次に「電話」で挨拶する

 重要な取引先なのに、どうしても直接挨拶に行けない事情がある場合は、担当者に電話をして挨拶しておきましょう。直接伺う事が出来なかったことを率直に詫びて、部署異動の挨拶をしてください。電話での挨拶は、場合によって相手に対して失礼な態度となってしまうこともあります。電話で挨拶を済ませてよい相手かどうかをよく考えましょう。

 電話で挨拶する時も、新任担当者の紹介や引継ぎ状況などについての報告は忘れないでください。異動する部署によっては、前の仕事のフォローが全くできなくなってしまう恐れもあります。自分がいなくなっても支障が無いように、必要な連絡事項はすべて先方に伝えておくようにしてください。

3. 親交が深くない人へは「メール」で挨拶する

 それほど親交はないけれど、一応挨拶しておいた方がいい人には、メールで挨拶を済ませましょう。メールなら相手が忙しくても時間を取らせずに挨拶ができますし、必要な情報をすべて記載しておけば、後で見返して確認することもできます。

 記載する内容は異動の日付、異動先の部署名、今の仕事の引継ぎ情報です。必要なことをすべて記載しておきましょう。メールは出す相手によって、文章を変える必要があります。同僚に送るメールと取引先に送るメールでは、当然表現を変えなければなりません。

 異動の挨拶とは言っても立派なビジネス文書ですから、相手に失礼のないような文章で送ってください。


 何かあった時に挨拶を欠かさないのは、ビジネスマンとして基本中の基本。挨拶ひとつで人間関係が円滑になるので、決して疎かにしないようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する