1. 必ずしもマイナスではない!転勤が持つ意味と転勤先で仕事をするためのポイント

必ずしもマイナスではない!転勤が持つ意味と転勤先で仕事をするためのポイント

by TANAKA Juuyoh (田中十洋)
 人事配置における転勤の意味と有用性についてですが、転勤があるという事はそれだけ企業的にも規模が大きいとされます。性別は関係ありませんが、基本的に男性は長く働くというイメージがあり、会社的にも期待の星にあるのが男性が多いのではないでしょうか。

 女性は、家庭を持つと出産や子育てなどで大変な部分があり、なかなか仕事を一途に思えないケースもあります。これは一つの例なので、女性でも転勤があり、仕事を一番という方ももちろんいらっしゃいます。
 
 そんな中、転勤というのは会社全体の理解をして欲しいというのと、各地域や部署によってどのような違いがあるか、今後どうしたらいいかという事が考えれるようになります。ここでは、その転勤のもつ意味をご紹介していきます。

転勤するにあたっての考え方

 転勤をする事は意外と大変なものです。期間の定めがなく、何処の部署に転勤になるか分からないという場合も多くあるからです。自分の希望が通る場合もありますが、そうでない所も多いのではないでしょうか。会社指定の転勤の場合、指定された部署への引越し作業だったり、また家庭を持っている人は多くの場合家族ごと転勤になります。

 そんなデメリットもあるのですが、仕事としての有用性と転勤の意味として、今いる部署だけではなく他の部署を経験する事で、今までの違いを明確にできたり各地域での違いについて発見できたり、自分仕事の仕方について難点は無いかだとか、例えば転勤先の上司の仕事の仕方につ学べるなど、自分を成長させるメリットは多くあります。

 転勤をする事で多くの事を学び、向上心や仕事力を身につけて成長に繋げることができるのです。

転勤の際の学び方

 転勤先の多くは、はじめて行く場所が多いのではないかと思います。そんな中自分で開拓していく時は、その地で既に仕事をしている経験者に聞くのが一番早いし、理解も早くできるでしょう。
 
 聞いた事を踏まえ、プラスアルファで自分で仕事力について学んでいくというやり方が一番良いです。 最初から自分でやってみたり自分勝手な行動をしていると、大きなミスをしてしまいがちです。郷に入れば郷に従えと言いますが、まずはじめはその会社や部署のルールに従って仕事を進めるようにして下さい。

 転勤には、様々な意味があるという事を忘れないでください。上記のように、転勤先では学ぶ事が多く自分を成長させる上でとても大切な機会です。自分を成長させたいのなら、転勤辞令がおりたら迷わずOKして欲しいものです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する