1. 常に謙虚でいることが大切!「自分って全然仕事できてない…」と能力不足を感じた時に取るべき行動

常に謙虚でいることが大切!「自分って全然仕事できてない…」と能力不足を感じた時に取るべき行動

by TechCocktail
 大きな仕事にチャレンジする積極性は尊重されるべきですが、自分の能力もわきまえずに大きな仕事に挑戦すると、自分の能力不足を実感させらることでしょう。

 仕事への能力は、自己認識と客観的な評価にズレがあると不幸な結果を招きます。身の程を知らない振る舞いをしてしまう可能性もありますし、分不相応な挑戦をして大きな損失を出してしまう可能性もあるのです。

 仕事への能力不足を感じさせられると、心が折れてしまいそうになりますが、挫けることなく対処していく姿勢が重要になります。今回は、仕事への能力不足を感じたときにとるべき対処法を紹介します。

勉強する

 勉強して自己の能力を高めれば、たとえ現時点では能力不足であったとしても、近い将来必ず追いつくことができます。忙しい仕事をこなしながら、勉強時間を確保するのは大変なことですが、勉強によって自分を高めることができれば、より良い仕事にチャレンジする機会も増えてくるでしょう。

 ビジネスマンにとっては、自分を高めるような勉強は必要不可欠です。能力不足だからといって諦めてしまわずに、自分を磨く努力を欠かさないようにすれば、必要な能力を成長させることができます。

人を頼る

 自分の仕事能力が不足しているのであれば、仕事能力が高い人を頼ればいいのです。上司や同僚とは、普段からこまめにコミュニケーションをとり、有効的な関係を築いておけば、何か困ったことがあった時は相談に乗ってくれるでしょうし、協力を申し出て能力を発揮してくれます。

 「人に頼る」というと自分が楽をしているように見えてしまいますが、能力のある人に仕事をこなしてもらうのは集団作業の基本です。自分は得意な仕事を代わりに引き受けて専念すれば、組織に迷惑はかけないのですから、何の問題もありません。

 人を頼るという方法は、管理職にとって必要とされる人材配置能力に通じるものがあります。苦手なことを工夫してやるよりも、得意な作業に特化して仕事をする方がはるかに効率は上がるのです。集団で作業していれば、あなたにとって能力不足となる仕事を得意としている人がいるはずです。

 仕事ができる人というのは、すべての仕事を自分で処理しようとは考えません。メンバー個人の能力を見極めて最適な仕事の割り振りをすれば、能力不足でできない仕事をする必要はなくなるでしょう。

やり方を工夫する

 直接的なやり方では能力不足であっても、道具を使用したり手順を工夫することで能力の不足を補うことは可能です。高い所にあるものに手が届かなければ、はしごを使えばいいように、どんな仕事でも工夫次第で能力のハンデを解消できます。

 自分の能力が足りないからといって諦めてしまうのではなく、何とか仕事を完成させる方法を考えてみることが重要です。


 自分の持つ仕事能力が不足していると、実感されられるのはツラいものですが、そのツラさを乗り越えなければ成長することは不可能です。自分自身と向き合い、様々な工夫をして能力不足を超えていくことが、仕事の上での成長に繋がります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する