1. 仕事を"好きになる"にはどうしたらいい?「最近つまらない…」と感じている人へのアドバイス

仕事を"好きになる"にはどうしたらいい?「最近つまらない…」と感じている人へのアドバイス

 楽しみながら、仕事ができることほど素晴らしいことはありません。もし、あなたが仕事を詰まらないと感じているのなら、せっかくの貴重な人生を嫌な気持ちのまま過ごしていることになります。

 つまらない仕事を「つまらない…」と感じながら過ごしていては、仕事の効率も上がりませんし、ストレスは溜まる一方です。つまらない仕事に、良さを見出して好きになることができれば、仕事の時間を有意義に過ごすことができるでしょう。今回は、つまらない仕事を好きになることでのメリットを紹介します。

ストレスを軽減できる

 仕事をつまらないと感じながらこなしていると、どんどんストレスが溜まってしまい精神的に疲弊していってしまいます。無為な時間を過ごしていると感じると、人の心にはストレスが発生してしまうのです。仕事のストレスを軽減するには、好きな仕事や有意義な仕事をしているという実感が求められます。

 つまらない仕事を好きになることができれば、仕事の間の時間を有意義に過ごすことが可能になり、いやいや仕事をしているときに比べて、大幅にストレスが軽減できるでしょう。

 つまらない仕事でストレスを溜めてしまうと、ますます仕事が嫌になってしまう悪循環に陥ってしまいます。 いやいや仕事をすることに、良いことなど一つもありません。気持ちを切り替えて仕事を好きになることが、ストレスなく仕事を続けていくコツです。

仕事の効率が上がる

 つまらない仕事を好きになることで仕事の効率が改善し、より仕事の質を引き上げることができます。後ろ向きな気持ちで仕事をしていると、イマイチ気分が乗らずに全体的な効率が落ちてしまいがち。つまらない仕事を好きになることで前向きな気持ちが生まれ、効率の改善が実現するのです。

 好きな仕事をしているときは集中力も高まりますし、思考力もアップします。より良いコンディションで仕事に取り組むことができるので、効率よく仕事をこなしつつミスの発生を少なくする効果も期待できるでしょう。

余計な疲労が溜まらない

 好きなことに夢中になって時間が経つのを忘れてしまう、そんな経験を持っている人も多いのではないでしょうか。つまらない仕事を好きになることで、同じ仕事をするのでも余計な疲労を溜めずに、健康的に仕事ができるようになります。精神状態は肉体に大きく影響します。

 嫌々やっている仕事は、簡単な作業でも疲れがどっと出るものですし、長時間作業を続けられるだけの集中力を発揮することもできません。

 しかし、好きでやっている仕事に対しては、どれだけ働いても疲れを感じず、むしろ働けば働くほど精神が高揚してポテンシャルを発揮できるようになります。楽しいことをしているときは、どんなに長時間動いてもちっとも疲れを感じないもの。つまらない仕事を好きになることで仕事の疲れを感じなくなり、より健康的に働くことができるようになるのです。


 つまらない仕事を好きになることができれば、仕事があなたに与えてくれる幸福は何倍にも大きくなります。前向きな気持ちで仕事を捉えることを実践すれば、どんな仕事でも好きになれるので、仕事がつまらないと感じている人は、仕事を好きになる努力をしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する