1. 転勤時には必見!転勤する時に必要な挨拶状の書き方

転勤時には必見!転勤する時に必要な挨拶状の書き方

by torne (where's my lens cap?)
 会社での人事異動で転勤となった時に、今までお世話になった人などにお礼として挨拶状を出す事があります。しかしその時に、どのような風に書けばいいのか、いつまでに書いていいのかというように、分からないこともあるでしょう。

 どのように書けばいいのかという人のために、今回は転勤の際の挨拶文の作成方法と注意点についてご紹介していきます。

挨拶状に盛り込む基本的な内容

 基本的に挨拶状には「これまでお世話になった上司などの方々や取引先に、お礼の気持ちを伝える旨の内容」「新任地・新住所を、これまでお世話になった人や取引先に通知する内容」といった2点を大まかに書ければいいと思います。

 また、別の挨拶状ですが今までお世話になった人にではなく、これから着任するところに挨拶を書くときには「自己紹介とこれからよろしくお願いしますという着任の挨拶」を記載するのが普通です。できれば、今後の抱負も書いておくとなお良いでしょう。

 なお、挨拶状を出しておかなければならない時期は、転勤後1ケ月から遅くとも2ケ月以内には出すべきです。あまり遅いのはよくありませんので、注意して下さい。

文章の形式と具体的に盛り込む内容

 まず文章の書く方向についてですが、縦書きでも横書きでもどちらでも構いません。文章の冒頭には、先方の商売繁盛や事業の安泰を歓ぶ挨拶文を用いることもあります。

「貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」
「時下、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」


 また、先方の安を気づかう挨拶文を入れることもあります。

「〇〇様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます」


 その後には、異動した年月日・新任地・お世話になったお礼・抱負・新しい住所や勤め先・今後も変わらないお付き合いをしてほしい旨を書いていきます。この時に書いている内容や文体は、誰に出すかによって言葉を変える必要もあるので気を付けて下さい。

 転勤をするときには以上を参考にして、挨拶状をしっかりと書き新しい転勤生活をスタートさせてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する