1. あなたはできていますか?仕事で信頼関係を築くために最低限守るべきこと

あなたはできていますか?仕事で信頼関係を築くために最低限守るべきこと

 ビジネスでは信頼関係を築くことがとても大切です。社内の職場での上司、同僚、部下との信頼関係はもちろん、取引先などの社外の相手とも信頼関係を築かなければなりません。そのためには普段からの言動や態度に注意していないと、相手の信用を得ることはできません。ここでは、仕事で信頼関係を築くために最低限守るべき3つのことを紹介します。

時間を守る

 ビジネスマナーとしても大切なことですが、時間を守ることが必要になるでしょう。時間を守れない人間は、なかなか信頼することができないという方は多くいます。「少しの遅刻ならいいや」という気持ちではなく、約束の時刻は必ず守るという意識を持ちましょう。

約束を必ず守る

 約束を守ることは、信頼関係を築くために絶対に破ってはならないポイントです。約束には重要度や優先度によって、大小の違いがあります。社外の取引先などの相手と交わした、仕事上の大きな約束はもちろん守るでしょう。しかし、同僚や部下から言われた小さな約束はどうでしょうか?どんな約束でも、しっかりと守ることで、相手との信頼関係が生まれていくのです。

ミスに対しての言い逃れをしない

 ミスをしてしまうことは誰にでもあります。信頼関係を築くためには、ミスをした後の対応が重要になるのではないでしょうか。ミスに対して、言い逃れをしたり、言い訳を言うことは、信頼関係を失うことに繋がります。ミスをしたときは、真摯に受け止め、しっかりとフォローをすることが重要です。


 ここでは、仕事で信頼関係を築くために必要なことを紹介しました。当たり前のように感じますが、見直すとなかなかできていない場合も多いでしょう。しっかりと意識して仕事に取り組むべきです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する