1. 会社も社員も上向きに!?成果主義を企業に導入することのメリット

会社も社員も上向きに!?成果主義を企業に導入することのメリット

by photoantenna
 日本の企業にも、成果主義の導入を考える企業は少なくないでしょう。そのためには、成果主義を導入することでどのような効果を得ることが出来るのかを事前に知っておく必要があります。ここでは、会社に成果主義を取り入れることでのメリットについて述べていきます。

社員のモチベーションと会社の機能が上がる

 会社に成果主義を取り入れることでのメリットとしては、実力があれば簡単に出世出来るということが挙げられます。日本の年功序列社会のように実力に関係のない出世で順番待ちをさせられるのではなく、実力があればすぐにでも他人を抜いて出世出来るようになります。その結果、能力のある社員にとっては頑張れば頑張った分だけ報われるようになるため、モチベーションのアップにつながります。

 さらに、そういった人材が増えることによって社内に競争意識が芽生えて会社が活性化することも期待出来ます。成果主義を会社に取り入れることで、優秀な人材の育成につながり、会社にとっての大きなメリットになります。

優秀な人材確保になる

 つぎに、会社に成果主義を取り入れることでのメリットとしては、優秀な人材の確保につながるということが挙げられます。成果主義の導入によって、優秀な人材が生かせる職場であるということがわかる職場であれば、優秀な人間はそこにいけば自分の能力を認めてもらうことが出来ると考えるため、優秀な人材が集まりやすくなります。

 また成果主義の導入によって、人事の面でもどのような人材なら優秀であるのかということを考えて採用しようという目線が生まれてきたり、すでにその目線を持っている人がいるため、よりいい人材を集めることが可能になります。


 会社に成果主義の導入を考えている人は、上記のことを参考に自分の会社には必要であるか否かを見極めるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する