1. 体系的に理解する!マーケティングに不可欠なマーケット・ポジショニング戦略

体系的に理解する!マーケティングに不可欠なマーケット・ポジショニング戦略

  • 4147views
  • 0fav

by Rodrigo_Soldon
 マーケティングとは広い概念を指しますが、その中には様々な戦略が含まれています。その中で今回は、マーケット・ポジショニング戦略についてご紹介します。この言葉を聞いたことのある人は多いでしょうが、体系的にどのようなものかを理解している人は少ないのではないでしょうか。

顧客視点の戦略

 マーケティングで使われるポジショニングという言葉は、その製品・サービスがマーケットのどの部分に位置させるかということをさすと考えている人が多いでしょう。しかし、それは間違った考え方です。

 このポジショニングの本質的な目的は、顧客の中にその製品・サービスをどう位置づけるのかということを考えることなのです。製造側の視点からみてここのマーケットに置いて展開していこうとしても、顧客から見た時にズレがあってしまっては、その製品・サービスは価値を持ちません。したがって、これを考えることは製品・サービスを世の中に出す時に非常に重要なプロセスです。

軸を意識して考える

 では、どのようにしたら顧客視点のマーケット・ポジショニングができるのでしょうか。それを考える時には、軸を意識するようにしましょう。

 まずはじめに、縦軸と横軸で作られたマトリックスを想像しましょう。実際に紙に書いても構いません。次に、縦軸・横軸に当てはめる評価対象を決めます。これは、顧客に対してどのようなメリットがあるのか、ターゲットは誰なのかというまとまり毎に考えながら決めていきましょう。

 例えばターゲットのポジショニングを決めたいのであれば、縦軸に年代・横軸に性別を置いたりするのも良いですし、男性の中でも既婚者なのか独身なのかということを軸に置いて分析するのも効果的です。

 こうして体系的にポジショニング戦略を決めていくことで、ただ漠然と進めるよりも効率も上がり成果にも繫がるでしょう。以上2点がこのマーケット・ポジショニング戦略を考える時に特に重要な事なので、意識するようにして下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する