1. 昔ながらの情報収集ツールと最新テクノロジーを活用した仕事効率化政策

昔ながらの情報収集ツールと最新テクノロジーを活用した仕事効率化政策

by rch850
 誰もがいまの仕事の効率を上げたいと考えていることでしょう。仕事の効率を上げることが難しいと思っている方にテクノロジーを利用した情報ツールを紹介したいと思います。
 
 この情報ツールを利用すれば仕事の情報収集が簡単に行えます。実は昔ながらのものでも最新のテクノロジーでも組み合わせればおもしろい化学反応を起こしてくれます。そこで今回はテクノロジーを利用した仕事の情報収集を効率よく行うコツを2つ紹介していきます。

1、昔ながらの情報ツール”ローテク”

 ローテクの代表格は、新聞です。「仕事の情報収集する」という意味では、新聞は優れていると思います。しかし、それに「効率よく」という言葉がつくとどうでしょうか。少し疑問に思います。

 では、ローテクで仕事の情報収集を効率よく行うには、どういった方法があるでしょうか。それは本です。1冊の本には情報がぎっしりとつまっている訳ですから、これほど便利で効率のよいものはありません。

2、最新の情報ツール”ハイテク”

 ローテクの代表である新聞も、ウェブサイト上ではハイテクに生まれ変わります。各新聞社のウェブサイトには、必ず検索機能がついています。その検索機能を使うことによって、効率よく仕事の情報収集が行えます。

 また、グーグル・アラートなどを使うことによって、予め検索単語を指定さえすれば、その単語に関係する記事を定期的に、しかも自動的に収集することができます。故に効率よく情報収集が行えます。

 この2種類の情報ツールを組み合わせることによっておもしろい化学反応が起きます。仕事の効率化を行う情報収集のコツを書いてきました。ぜひうまく情報を収集して仕事の効率化に努めてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する