1. 誰でもすぐに実践出来る!仕事をスピードアップさせる"最高"なテクニック2選

誰でもすぐに実践出来る!仕事をスピードアップさせる"最高"なテクニック2選

by 'Ajnagraphy'
 社内には仕事のスピードがなかなか上がらず悩んでいる人が、誰かしらいると思います。意識して早くしようと思っても、中々できないなんてこともあるでしょう。そういった方が、すぐに実践できる仕事をスピードアップさせるテクニックには、どのようなものがあるでしょうか。

 今回は、そのスピードアップのテクニックについて紹介していきます。

1.仕事の絶対量を減らす

 仕事をスピードアップさせるために、まず行うべきことは今自分が行っている仕事の量がそもそも適切な量であるのかをチェックすることです。たとえ、できるといわれている人でも、そもそも1人でこなせる量以上の仕事を任されれば、その仕事のスピードは決して早いものではありません。

 そういった組織としての問題は、上司に頼んで早いうちに改善してもらうべきです。そうすることによって、会社全体の仕事のスピードアップにもつながるはずです。そして、組織的問題が排除出来たら、今自分がしている仕事で、自分が行わなくてもよい仕事を見つけます。

 何も考えずに自分に来た仕事を受けていると、知らず知らずのうちに自分が行う必要のない仕事まで行っていることがあります。自分の仕事の目的と照らし合わせ、自分が行う必要のない仕事は排除していきましょう。このように、仕事の絶対量を減らすことが仕事をスピードアップさせる実践的テクニックとして重要となってきます。

2.自分の仕事をより効率的に行う

 仕事の絶対量が減らせたら、自分に課せられた仕事をより効率的に行い、スピードアップを図ります。仕事の絶対量が減らせても、ダラダラと仕事をしていれば仕事のスピードは決して上がりません。まずは、限られた時間で仕事を仕上げる習慣を身につけましょう。仕事に時間をかければ、その仕事が完璧に仕上がるという訳ではありません。完璧を求めず有る程度のところで見切りをつけることも重要になってきます。

 そして次は、仕事に優先順位をつけ、優先順位の高い仕事から手をつけていくことです。その際は、ある程度の時間をかけて行い、仕事の質を高めます。それとは対照的に、優先順位の低い仕事は、細切れの時間を見つけ、時間をかけずに行います。また、毎日行う繰り返し作業は重要なポイントをマニュアル化してしまい、考えずに行える仕事に変えてスピードアップを図ると良いでしょう。こういったことを行うことで、自分の仕事効率を高めることができるようになるはずです。


 以上のことから、限られた時間内に仕事を仕上げる習慣を身につけ、そしてまた、仕事に優先順位を付け仕事を行っていきましょう。これらの2つのテクニックを身につければ、仕事のスピードが上がらず悩んでいる方も、すぐに仕事のスピードを上げることができるようになるので、しっかりとこのテクニックを身につけて効率的に仕事をしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する