1. 単に上司の怒りを買うだけ!「仕事を辞める」という連絡を"電話"ですることで生じる問題

単に上司の怒りを買うだけ!「仕事を辞める」という連絡を"電話"ですることで生じる問題

単に上司の怒りを買うだけ!「仕事を辞める」という連絡を"電話"ですることで生じる問題 1番目の画像

 今の仕事を辞める決意を固めたときは、まず、直属の上司にその旨を伝えるのが社会人としての常識です。伝え方は「直接会って、口頭で」というのが基本。よほど特別な事情がない限り、電話やメールを使って連絡すべきではありません。それはどうしてなのか。ここでは、上司の立場と、仕事を辞める連絡を電話ですることによって生じる問題点について説明します。

上司の立場になって考えてみる

 上司の立場になって、考えてみましょう。上司にとって部下の1人が仕事を辞めるというのは、様々な面でマイナスになります。まず、セクション内の戦力を失うという現実的なデメリット。その1人がいなくなれば、代わりの人材を入れることを考えなければなりません。

 上司は通常業務とは別に、「新たな人材確保」というイレギュラーな仕事をもつことになるわけです。また、部下が仕事を辞める、その理由や原因がセクション内にある場合、その責を上司が会社や人事部、上長から問われることも起こりえます。部下の退職が上司のキャリアに傷をつけることが、組織では実際にあるのです。「上司にとって、部下の退職がどういう意味を持つか」を考えれば、それがいかに大きな出来事か、わかるでしょう。

仕事を辞めることを電話で連絡することで生じる問題点

 上記のことを踏まえ、電話で退職の意志を伝えた際に起こる問題点を考えてみましょう。上司にとって重大事である部下の退職。それを電話連絡してきたら、ほとんどの上司は部下の常識を疑い、怒りを感じることでしょう。そして、「電話ではなく、直接会って報告、説明をしなさい」と指示すると思います。

 電話連絡だけで「了解した」と答える上司はいないのです。ということは、一度電話連絡した後に、あらためて上司に会って口頭で伝え、辞める理由を説明しなければならないのです。本来なら一度で済む話を、二度繰り返さなければならないのですから、退職を願い出る部下にとっても、時間的、精神的な大変なロスと言っていいでしょう。

 しかも、上司は機嫌を損ねてしまっていますし、怒りも感じているでしょう。そんな相手に直接話をするのは、大きなプレッシャーにもなりますし、話がこじれることも、実際にありえるのです。電話で連絡したことによって、上司に無用な「怒り」を抱かせてしまう。こんな「損な」やり方はないでしょう。

 退職する際には、まず上司に「退職願」を提出、その後正式な「退職届」を人事部などの管轄部署に提出しなければなりません。そうした手続きを進める際にも、上司とコミュニケーションを取る必要があります。ですから、いずれにしても、電話一本で退職できるわけではありません。


 できれば誰しも「円満退社」を望むでしょう。「望まない」という人でも、上記のように、マイナスにしかならない「電話での連絡」は避けるべきです。時間が無駄になり、上司の機嫌を損ね、自分も精神的に疲れるだけ。そう認識して、最初から、直接上司に話をするようにしましょう。

退職の意思が固まったら転職活動スタート!オススメの転職サービス3選

 転職・退職を決意したら、転職活動を始めよう。

 転職活動に要する期間は約3ヶ月といわれており、入社時期に合わせて9月・3月に求人数が多くなる傾向になる。

年収UP×大手企業を目指すなら「リクルートエージェント」

単に上司の怒りを買うだけ!「仕事を辞める」という連絡を"電話"ですることで生じる問題 2番目の画像

 転職成功実績No.1の「リクルートエージェント」は、「転職活動を始めたばかりで何をすればいいか分からない……」という転職経験のない人にオススメのサービス。

 「リクルートエージェント」は幅広い業界の求人を網羅しているだけでなく、提携企業との「長年の繋がり」があるため、転職者からは言い出しづらい「年収」「条件」「入社日程」についてもエージェントが交渉してくれる。

 非公開求人も多く、理系職種が活躍できる一部上場企業の求人も紹介してもらうことが可能だ。

 土日祝・平日20時以降でも、エージェントが転職相談に対応してくれるため、多忙なビジネスパーソンの転職にもおすすめ。

 登録すべき転職サイト・エージェントに悩んでいるという人は、まずは「リクルートエージェント」に登録してみよう。

求人数が豊富!企業の幅で選ぶなら「DODA」

単に上司の怒りを買うだけ!「仕事を辞める」という連絡を"電話"ですることで生じる問題 3番目の画像

 業界内最大級の求人数を誇る転職エージェント「DODA」。

 大手企業だけでなく中小企業やベンチャー企業の求人も取り揃えているため、自分で企業探しするだけでは出会えないような中小優良企業と出会える可能性が高い。

 公開・非公開に関わらずに求人情報を出し惜しみしないため、DODAエージェントサービスなら多くの企業を比較することができる。

 また、DODAエージェントサービスでは、職務経歴書の書き方や面接対策、転職活動でのテクニックなども丁寧に教えてもらえる。より実践的なテクニックを学ぶことで、面接通過率アップを目指せるのだ。

 「職務経歴書の書き方や転職面接の受け答えに不安がある……」「転職先は多くの企業を比較した上で慎重に決めたい」という人は、「DODA」のエージェントサービスを利用してみよう。

自分の市場価値を知るなら「type転職エージェント」

単に上司の怒りを買うだけ!「仕事を辞める」という連絡を"電話"ですることで生じる問題 4番目の画像

 人材業界の老舗「キャリアデザインセンター」が運営している「type転職エージェント」。

 type転職エージェントでは、転職を希望する業界・職種に詳しい人が専門アドバイザーとなり、親身になってヒアリングをしてくれる。

 また、スキルを正しく評価してくれたり、年収について企業に交渉してくれたりと、現状の給料に満足しない人にとっては嬉しいサポートがついているのが特徴だ。

 「自分の転職市場価値を知りたい!」という人は、ぜひ一度「type転職エージェント」をチェックしてみてもらいたい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する