1. 【仕事がしんどいと思うあなたへ!】勤務時間が長い職場での効率的な仕事の仕方

【仕事がしんどいと思うあなたへ!】勤務時間が長い職場での効率的な仕事の仕方

by Lara Cores
 数年前までネット用語でしかなかった「ブラック企業」という言葉は、今やどんな世代の人にも通じるほど一般的な言葉となりました。それに伴い残業手当なしの超過労働など、過労死につながるような日本の過酷な労働条件も社会問題として扱われています。

 しかし、世間を見渡せばブラック企業とまでは行かずとも、勤務時間が長い職場というものは結構たくさんあるもので、いちいちそれに文句を行っていたら働く場所がなくなってしまうというのもまた事実です。勤務時間の長さにいかに付き合うか、もしかしたらそれこそビジネスマンに必須のスキルかもしれません。

 今回は、そんな勤務時間が長い職場について、どうしたらそんな職場と上手く付き合えるか、どのようにしたら効率的に仕事をすすめられるか、ということを見ていきたいと思います。

勤務時間が長い職場を楽しむ

 好きな事なら長い時間続けても苦になりませんよね。ですから勤務時間が長い職場を楽しく過ごせるかどうかは、あなたがその職場を好きか、その仕事が好きかということにかかってくるのです。もしそんなに好きでないなら、好きになるように努力するべきです。もしそれでも好きになれないのなら、あなたが好きになれる職場になるよう、あなたが職場を変える事が必要です。もしそれができれば、きっと職場の皆もあなたに一目置くようになるでしょうし、出世の近道であることは間違いありません。

勤務時間が長い職場での効率的な仕事の進め方

 勤務時間が長い職場においてもっともありがちなのが、社員の勤務態度までダラダラとしてしまうと言う事です。勤務時間が長い程「後でやればいいや」という気持ちが起こることを経営者は肝に命じておかなければなりません。

 社員同士の馴れ合いも起こりやすく、ミスや失敗にもつながります。経営者は社員にメリハリと緊張感のある職場環境を提供するべきです。そのほうが成果が上がりやすく、社員のモチベーションも大きく変化します。そして、もしあなたが長い勤務時間の職場に勤めていて、そのせいでダラダラしてしまったり成果があがらなかったりしているなら、自分の仕事のタイムテーブルを見直してみることが大事です。

 30分で出来る仕事を一時間かけてやっていないか確認してみてください。もしそうならすぐにやめるべきです。一日でもいいので、30分でやる仕事は15分で終わらせる努力をしてみましょう。気分の違いに驚くはずです。それが気に入ったら、一日の仕事を半日で終わらせてみましょう。そして残りの時間で社内の環境改善に取り組んでみると良いでしょう。


 以上のように、勤務時間の長い職場でもちょっとした工夫をすることで、より効率的に、また快適に仕事をすることが可能になります。自分の職場の勤務時間が長いなと思う人は是非以上のことを実践し、楽しく仕事をしていってください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する