1. 「こう言えば良かったのか!」仕事を辞める時に納得してもらいやすい3つの理由

「こう言えば良かったのか!」仕事を辞める時に納得してもらいやすい3つの理由

by Helga Weber
 仕事を辞めるとき、その理由については困ることがあります。もし、あなたが仕事ができる人であるならば、より会社側は引き留めにかかるでしょう。しかし、あなたはやめるということを決定していたならば、すんなりと辞めさせてもらいたいものです。

 そこで、今回は一般的でありながら、会社側も納得する退職理由を紹介します。

1.親の介護のため

 日本の寿命は延び続けており、老人が増えております。ところが、長寿になって引き起こされた問題として介護という問題があります。医療の発展によって、寿命は長くなりましたが、脳梗塞等で後遺症が残ったり、足腰が衰えて移動がままならない、痴呆症によって体は元気だが目を離せないというご両親をお持ちの方も増えてきました。

 こういったとき、多くの人が仕事との両立を考えます。これは上司であっても同様です。そのため、両親の介護という退職理由は、一般的でありながらしょうがないなぁということで認めざるを得ないのです。

2.実家の稼業を継ぐため

 退職理由として、転職という場合は、特に日本においては企業側としてもあまり良い感じがしないものです。ですが、実家の稼業を継ぐということについては、転職であっても比較的理解してもらいやすい理由です。別に商売だけではありません。農家や漁師などでも同様です。

 また、実家だけに限らず親類の稼業を継ぐということもあり得るでしょう。こういった家族絡みの理由は、引き留めるにあたっても反対しにくい事例となりますので有効です。また、これは、上記の親の介護もそうですが、実家が勤務地と遠く離れているといった場合には、より説得しやすい材料となります。

3.学校に進学するため

 まだ、比較的若い方や、女性などは退職理由はつくりにくいものです。その中でも一般的で効果があると思われるのが、学校への進学や留学という理由です。最近では、社会人大学院も増えてきましたが、まだまだ全日制の学校も多いものです。この場合には、両立は不可能ですから辞めざるを得ません。

 特に若い方にとっては、「将来の夢を叶えるため」という理由と組み合わせで使用すると効果があります。また、留学というのも効果があります。特に、進学先が決定していた場合には、引き留め難いところもあります。ただし、こういった場合に気を付けなければならないのが、休職制度や社内留学制度などが会社で整備されている場合です。こういった場合には、これらの利用を進められることとなります。したがって、こういった制度外で適用できる人のみとなります。


 さて、一般的な退職理由で、会社側に説明しやすく、納得してもらいやすい理由を集めてみました。もちろん、これをどう使うかというのは、皆さんの自由です。また、これらの理由については、後付けで撤回する理由も作りやすいという利点があります。これらの特性をうまく生かして、どんどん活用していきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する