1. 明日やろうはバカやろう!仕事に対する意識を高める4原則!

明日やろうはバカやろう!仕事に対する意識を高める4原則!

 ビジネスマンが、仕事に対する意識を高めるためには、2つの面が大切です。職場の面では、日ごろの仕事に改善点や問題点を見つけ、新鮮な気持ちで取り組むように心がけることが大切です。家庭面でも、仕事のやる気に深く関わりますので、規則正しい生活をするようにしましょう。では、どのようなことをしたらよいかご紹介します。

1.問題意識を持つ

 ビジネスマンが、仕事に対する意識を高めるためには、まず問題意識をもって仕事に取り組むことが大切です。では、問題意識を高めるにはどうすればよいでしょうか。まずは今、自分の仕事の状態を、ただ漫然と流れ作業のようにこなすのではなく、「この仕事はこのままの進め方でいいのか?」「もっと工夫してできる点はないだろうか」などと、違う角度から意識して見るようにすることです。そうならないためには、日々のビジネスのちょっと変化を見逃さず、新しい角度から物事を意識してみるように心がけましょう。

2.チェックリストを作成

 いつも行なっている仕事を再確認する上でも、チェックリストを作成することは大切です。一つひとつ確認しながら仕事を進めてみましょう。意識しながらチェックリストを見てみると、いつの間にか、自分にとって都合のいいやり方に変えていたことに気づくはずです。チェックリストを作成して、現在の仕事ぶりを列挙してみることも大切です。

3.違った角度から見る

 長年続けて行ってきたビジネスの方法を、一度違った視点で見直してみましょう。
周りを見回して、他のビジネスマンはどんな仕事のやり方をしているのを、時には意識して、他の人と自分の仕事の仕方を比較してみることも大切です。自分ではよい方法だと思っていたものよりも、もっと効率のよい方法を思いつくかもしれません。その場合は、積極的に自分の中に取り入れましょう。

4.朝型生活に

 仕事が忙しいビジネスマンは、残業や飲み会で、ついつい夜型になってしまいがちですが、まずは日ごろの生活習慣を見直すことも大切です。夜型よりも朝型生活のほうが、脳の動きが活発化し、仕事に対する意識も高まります。仕事が残っていても、早めに寝るように心がけましょう。そして、早起きをして仕事や普段やり残していたことをするほうが効果があがります。このほうがきっと、ビジネスの商談もうまくいくことでしょう。

 問題意識を持って取り組めば、ビジネスの内容が大きいか小さいかに関わらず、いつでも新鮮に感じられることでしょう。また、普段の生活も見直しましょう。早寝早起きをすることで、体が元気になり、ビジネスマンとして充実した1日を過ごすことができるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する