1. 「集中力が全然無い…」という人にオススメ!今すぐ始められる「集中力改善」3つのテクニック

「集中力が全然無い…」という人にオススメ!今すぐ始められる「集中力改善」3つのテクニック

by DVS1mn
 仕事を効率よくこなしていくためには集中力が重要になりますが、世の中には集中力が全然無いという人もいます。集中力が無いと自覚しているのであれば、集中量を鍛えるトレーニングを行って、仕事に役立つ集中力を身につけましょう。

 集中力を鍛えるトレーニングの中には、日頃から実践できるようなテクニックを習得する方法もあります。毎日トレーニングを続けていけば、誰でも仕事に集中できるだけの集中力を手に入れることができるでしょう。今回は、集中力が全然無い人が実践すべき日頃からできる改善のテクニックを紹介します。

1. 短時間だけ集中する

 集中力が無い人でも、ごく短い時間であれば集中することはできるはずです。まずは、自分がどのくらいの長さで集中力を保つことができるのかを確かめて、限界時間までは必ず集中するように努力してみましょう。

 5分、10分といった短時間であっても集中力を切らさずに仕事を続けることができれば、それが自信となって更に長い時間仕事に集中することができるようになります。短時間の集中に慣れてきたら、少しずつ限界時間を延ばすトレーニングを始めましょう。

 初めから長時間の集中を目標にしてしまうと、集中することに失敗してしまい自信を喪失してしまいます。確実に集中出来る短い時間を重ねていくことで少しずつ集中力を養っていき、最終的には長時間の集中が可能になるのです。

2. 仕事を細分化する

 集中が続かないのであれば、集中力が続く短時間の間で完成できるように仕事を細分化するのも有効なテクニックです。書類一枚を完成させるだけの集中力が無いのであれば、1ページや1ブロックごとに作業を分割し、集中力の続く間に目標とする仕事を完成させることを目指してください。

 ゴールまでの仕事の工程をいくつかに分割することで、長時間集中が保てなくても少しずつ仕事を進めていくことができます。集中力が続く間だけは全力で仕事を手掛けるように意識すれば、仕事の質を落とさずに完成まで作業を積み上げていけるでしょう。

3. 楽しみを見出す

 仕事に対する集中力のない人でも、自分の趣味や興味のあることに対しては集中力を発揮できるもの。仕事に集中できないのは根本的な集中力の問題ではなく、仕事を退屈でつまらないものと考えていることが原因かもしれません。

 いくら努力したところで、退屈なものに対して集中するのは難しいものです。ここは発想を逆転させて、退屈な仕事の中に楽しさを見出す努力をしましょう。仕事が楽しくなれば自然と集中するようになり、効率よく仕事をこなしていくことができるようになります。仕事に対する意識を変えることが仕事の改善につながり、より理想的な働き方で仕事をすることができるのです。


 集中力が全然無い人は仕事を始めてもすぐに気が散ってしまい、時間ばかりかかって仕事が全く進みません。効率の良い仕事とは程遠く、安心して仕事を任せられないため、いつまでたっても周囲の信用を獲得することができないままです。

 集中力の改善は難しいことではありません。意識の持ち方ひとつで大きく変わるので、すぐにでも改善の意識を持ってトレーニングに挑戦してください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する