1. 上司と一悶着起こさないための知識!仕事を辞める際に使うと良いかもしれない3つの「言い訳」

上司と一悶着起こさないための知識!仕事を辞める際に使うと良いかもしれない3つの「言い訳」

 仕事を辞める場合は、出来る限り穏便に、荒波立てず辞めたいもの。ですが、辞める理由は人それぞれあると思うので、中にはそのまま伝えるとトラブルを起こしそうな理由もあると思います。その場合は、そのまま伝えるのではなく、多少の色付けをする等、言い訳を工夫する事も大切です。そこで、状況に合わせた言い訳の注意点を記載するので参考にして下さい。

1. 目的を持って辞める場合について

 今の仕事が自分のキャリア目的と異なり、辞める人もいると思います。この場合は、どちらかというとポジティブな理由になるので、出来る限り正直に辞める理由を述べ、あくまで「自分の身勝手で申し訳ないが…」という姿勢で説明する事が大切です。だだし。その場合であっても、今の仕事で実現できないのかや、辞める事が本当に良いのか等、少ながらず指摘や質問は受けるでしょう。

 その場合は、実際とは多少異なっていても相手を納得出来るよう、多少大げさに辞める事での利点を交えた言い訳をするのが望ましいです。例えば、自分には以前からどうしてやりたい仕事があり、それが十分出来そうな環境が別にある等です。ただし、次の仕事先のメリットばかり説明しても悪印象となり、トラブルの原因となりかねません。ある程度今の会社、今の仕事のこともフォローした上での言い訳をすることが大切です。

2. 人間関係等の事で辞める場合について

 仕事が辛かったり、人間関係に不満があったり、といったことが理由で仕事を辞める場合は、そのまま伝えるとトラブルとなりかねませんし、確たる理由とは言いにくい為、納得されない場合もでてきます。そのため、本来とは違う言い訳を述べるのも一案です。

 例えば、この場合も現状の不満でなく他にしたい仕事が出来た、家族等プライベートな事情で辞めなければならない等、別の理由に置き換えるのも効果的です。ただし過度な作り話は見透かされる事もありますし、余りに具体的過ぎると別のトラブルの原因となりかねかせん。理由や状況に合わせた工夫が必要になります。

3. 結婚や家族の介護等が理由で辞める場合について

 結婚や家族の介護等、確たる理由があり辞める場合は、下手に着色せずそのまま伝えるのが望ましいです。この場合も、稀に本当に辞めなければならないか等の指摘や質問を受ける場合があります。

 ただし、この場合は止めるというよりは確認である場合が多いと思うので、下手に言い訳せず理由をしっかりと伝え、意思が固い事をアピールするのが大切です。


 このように辞める理由や状況によって、言い訳も工夫が必要な場合があります。ただし、仕事を辞める場合の話し合いでは、相手も話の内容に敏感になっているので、言い訳に着色を加える場合は必要以上に注意して行なう必要があります。

 また、仕事を辞める話が出た以上、多くの場合相手も少なからず言いにくい理由があるのもわかっていると思います。立場上の理由等で表面上は、厳しく指摘している場合でも実際はあくまで確認のために行っている場合もあるのです。時には、どのような理由であっても下手に着色せず、正直に述べるのも一案かもしれません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する