1. どうしても明日休まなければならない!職場での信頼関係を壊さない欠勤のコツ

どうしても明日休まなければならない!職場での信頼関係を壊さない欠勤のコツ

by Takashi(aes256)
 社会人になると、自分の都合を正直に会社の上司や先輩に伝えて、欠勤することが難しくなります。何よりも仕事を優先することは、頭ではわかっていますが、どうしても欠勤をしたいときもあります。このようなときに、どうすれば欠勤することができるかみていきましょう。

うそをつくことも必要

 職場で毎日顔を合わせていると、人間同士親しくなります。親しくなったからといって、仕事の欠勤の理由を全て本当のことを伝えてしまうのは、考え物です。あくまでも、毎日通っている場所は、職場なのです。あなたが休暇を取ることで、少なからず職場の人間には迷惑がかかります。休むのはお互い様だと頭では理解していてもどうしてこんな忙しい時にとか、できればあさってにしてくれないかなと、人は考えてしまうのです。しかし、職場の人間関係を壊さないためにも、うそをつくのが必要なときもあります。

適切な理由で

 欠勤の理由に問題があり、伝えないほうが無難だと判断した場合には、なるべく適切な理由にしてしまうことも大切です。欠勤する日が事前にわかっているのであれば、理由をあえて言わなくてもいいでしょう。「○月○日は、都合があるので、休ませてください。」といえばいいのです。

 この対処法はどうしても欠勤したいときだけに使えるものなので、普段から欠勤ばかりしていると、職場での信頼関係が築けなくなったしまいます。どうしてもというときだけ使用してください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する