1. 「取引先への文書が全然まとまらない...」出来るビジネスマンの文書の書き方はこれだ!

「取引先への文書が全然まとまらない...」出来るビジネスマンの文書の書き方はこれだ!


 取引先への文書を書くときになにを書けばいいのかわからない人は多いと思います。多くの場合、文書の書き方のポイントを理解出来ていない人が多いと思います。そこで、今回は取引先への文書に盛り込むべき文書の書き方のポイントをまとめてみた。

文書の書き方の手順

 文書をどのように書けばいいかわからない人が多いと思います。まず、ここでは文書の書き方の手順から確認しましょう。 

日付、宛先、差出人

 書面の一番上を飾るものですが、
 |○○年○○月○○日|
 |○○株式会社|
 |○○部○○○様|
 |△△株式会社|
 |△△△△△|
 といった感じになります。
 これは決まりですので覚えておきましょう。

要件

 上記の日付、宛先、差出人の下には、要件を簡潔に書きましょう。○○○案件報告書など、目的を端的に表します。また、他の文章と比較して大きめの文字でアンダーラインを引き、目立たせることが必要です。

文書の書き方のポイント

 次に文書の書き方のポイントについてです。文書を書くさいには以下の点に注意して下さい。

社外の場合はあいさつ文

 メール文化となり、一番なくなってしまったのが、この文章です。これも定型のものがありますので覚えておきましょう。「貴社益々ご清祥のことと、お慶び申し上げます。平素は 格別のご愛顧を賜り有難くお礼申し上げます。」といった類のものです。

簡潔に

 ここでも要点は、簡潔にわかりやすくということになります。また、ビジネス文章ですので枚数もできるだけA4一枚で完了させたいものです。なお、最後については以上で締めましょう。

 以上、出来るビジネスマンの文書の書き方を紹介しました。今後の参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する