1. 「転勤先」で良いスタートを切るために必要な準備!新居の手続きや引き継ぎは抜かりないように!

「転勤先」で良いスタートを切るために必要な準備!新居の手続きや引き継ぎは抜かりないように!

 転勤が決まってからの準備手順についてですが、転勤の際は事前に報告を受ける場合が多いと思います。事前報告があった場合は、転勤先の状況確認をし、転勤の返答をするようにしましょう。

 もし、事前確認が無い場合は、辞令がおりた時点で転勤先の場所の確認や状況を確認し、転勤日時までに住居地等を手配しなければなりません。転勤という事なので、会社契約で進めるため、手配などがそこまで遅れることは無いでしょう。

1. 会社の寮や社宅、会社契約賃貸の契約をする際の手順

 転勤するにあたって、転勤支度金が会社規定によって支給されます。支度金とは、「家具や家電生活に必要な物を購入して下さい」という名目で支給されるもの。寮や社宅の場合は、支度金が少し低く設定してあったりと、会社によって規定で決まっています。また、会社の寮や社宅の場合は会社との契約なので、そんなに手間なく、すんなり入れるでしょう。

 会社の契約ですが、自分で家を探しに行く場合、家賃規定があると思いますので、会社の上司、規定を読んで規定内でできるだけ決めましょう。

 規定賃貸額を超えた場合、会社から家賃が出ないということもあったり、転勤にあたって会社に報告なく、勝手に転居していた場合は、賃貸補助が無くなる場合もあるので気をつけましょう。転居が決まった時点で会社の規定を調べ、住む場所の準備や転勤に当たって必要な準備をしましょう。

2. 転勤にあたっての仕事の内容変更について

 転勤をすることで、今ままでの部署でやっていた事と異なる仕事を任されるようになるでしょう。そんな時、引き継ぎはあると思いますが、ある程度の地位や仕事内容で認められたからこそ、転勤するといったケースも多いと思うので、足を引っ張ってはなりません。

 そのため、転勤が決まってからは次の部署での仕事内容や、状況確認をしっかりしておきましょう。在職部署での引き継ぎ等もあると思うので、力を抜かずにゆっくり準備しましょう。


 転勤するに当たって、一時的に自分に負荷がかかってきますが、準備期間をしっかり設け、ゆっくりと転勤に向けて取り組めば問題ないと思います。しかし、住む家の件は早めに、処理をしないと転勤までに、家の準備が間に合わない場合もあるので注意しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する