1. 【経営者必見!】何故"経営"においてコミットメントが重要になるのか徹底解明

【経営者必見!】何故"経営"においてコミットメントが重要になるのか徹底解明

by Jonathan Kos-Read
 経営者にとってコミットメントは重要な意味を持ちます。コミットメントとはビジネス用語の一つで、日本語としては「誓約」とか「確約」と言う言葉に訳されます。あるいは「声明文」というような公文書的な扱いでコミットメントと言う言葉を使う場合もあり、その意味は人々に広がりを持って捉えられています。しかし、今回考えてみたいのは企業の経営者にとってのコミットメントであり、具体的な内容としては顧客や取引相手に向けた誓約を差します。

 こういった誓約がどういった時に必要なのか、どのくらいのメリットがあるのか、また実際コミットメントをどのように活用したら良いのかと言う事を考えてみたいと思います。

コミットメントの必要性

 企業がある程度成熟してくると、自ずとコミットメントが必要になる場面が出てくるという事は良く知られています。工場などを稼働させているのなら二酸化炭素排出量等についてのコミットメントを求められる事もあるでしょう。アプリケーションやパッケージソフトの制作を行う会社であれば、教育関連のコミットメントを求められるかもしれません。

 企業が大きくなり注目されればされる程こうした機会は多くなりますし、経営者自身のコミットメントが社会における重要性を増して行きます。また適切なコミットメントを出す事ができれば、そのことによって企業自体の収益を上げる事も可能だと言う事も忘れてはなりません。

コミットメントのメリット

 次に、コミットメントを出す事が自分の企業においてどのような意味を持つのかと言う事を考えてみましょう。先ほども述べたようにコミットメントは公的な誓約であり、顧客や取引相手にあなたの企業のスタンスを明確に示すものでもあります。実際には競合相手に「手の内を明かす」という怖さがあるかもしれませんが、怖さ以上のメリットがあることも忘れてはなりません。

 コミットメントは顧客にとってあなたの会社を知る機会を与えますし、社会的な公約という意味で安心感も与える事ができます。また取引相手や競合相手には自社のやり方や目標を示すことで、お互いに共存共栄できる道を探すための指標とする事ができるでしょう。

コミットメントの活用法

 先に述べたように、コミットメントにはデメリットを上回る多くのメリットがあります。もしコミットメントを求められる機会があるなら、それを活用しないのは損だと言えるでしょう。特に現在は多くの企業や個人がfacebookやtwitterというようなSNSを利用していますから、特に求められていなくても、こうした場を通じて世界中の人にコミットメントを発信する機会があります。上手く使いこなせば、一夜にしてあなたの企業とその理念を世界中に知らしめる事が可能です。勿論こうしたサービスを通じてあなたのHPに人を呼び込み、企業の製品を販売できるような仕組みを作っておけばさらに利益を出すことも可能ですし、すでに実践している企業も数えきれません。


 こうしたことから、コミットメント戦略をたてることは、現在の経営者にとって必須のタスクだということは間違いないでしょう。ですので、経営者やコミットメント戦略を立てる担当者は是非上記の3つのことを良く理解し、自社の戦略に組み込んでいってください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する