1. 一流のビジネスマンになるために!「教養」としてこれだけは身につけておきたい3つのスキル

一流のビジネスマンになるために!「教養」としてこれだけは身につけておきたい3つのスキル

 現代社会では教養は軽視されがちですが、一流のビジネスマンを目指すのであれば教養は必須のスキルです。教養のない人間は、たとえどんなに仕事ができたとしても尊敬されることはありませんし、一流のビジネスマンとは呼ばれません。

 現代のビジネスマンに求められる教養とは、一体どのようなものなのでしょうか。今回はビジネスマンが教養として、身につけておきたいスキルを紹介します。

1. 伝統文化

 ビジネスの世界ではグローバル化が急速なスピードで進行しています。一度進んだグローバル化の波は、今後も衰えることなく住んでいくことが予想されており、ビジネスマンには国際人として振る舞うためのスキルが求められるでしょう。

 グローバル化の中で求められる教養とは、自国の伝統に関する教養です。自分の国に関する知識を教養として持っていなければ、国際社会で自国の一員として振る舞う事など不可能です。

 外国人から日本の文化について尋ねられた時に、うまく答えることができないようでは、グローバルビジネスマンとしては失格です。伝統文化を尊重し教養を学ぶことが国際人としての第一歩であり、ビジネスマンに求められるスキルとなっています。

2. 異文化宗教

 他国の文化や宗教に関する教養を持っていなければ、国際社会の一員としてビジネスに関わることは不可能です。他国の文化や宗教に関する教養を持つことで、外国人に対する敬意を持つことができるようになり、相手が不快にならないよう必要な配慮をすることが可能になります。

 他国の文化や宗教に関する教養を持っていなければ、軽率な言葉や無理解な態度で相手を知らず知らずのうちに、つけてしまうかもしれません。

 国際社会では差別は絶対に許されない事であり、知らずにやったことであっても責任を問われるのが当然です。知らなかったという言い訳は、国際社会では通用しません。たとえ本当に知らなかったとしても、必要な知識を学んでいないほうが悪いというのが国際的な見解です。他国の文化や宗教に関する教養は単に相手に対する配慮というだけではなく、差別や無理解を防止するための重要な役割を持つスキルとなっています。

3. 芸術

 日本ではあまりメインカルチャーという考え方は浸透していませんが、欧米ではクラシックや絵画といったメインカルチャーに関する教養を身につけているかどうかが、上流と下流を区別する基準となっています。芸術に関する教養を持っているということは文化的な素養があるという証拠であり、一般大衆とは違う階層にいるという証明になるのです。

 海外企業のトップと交渉するためには、相手に見下されないことが重要です。芸術に関する教養をスキルとしてもっていれば、相手はこちらを対等な関係であるとみなし、同等の立場でビジネスを行うことができるでしょう。


 
 教養とは人間性を高めるためのものであり、知性的な振る舞いをするための役割を担うものです。教養を身に着けて人間力を高め、より良いビジネスマンを目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する