1. デキるビジネスマンはここが違う!周りから「説明上手」と言われるために知っておきたい"説明"のコツ

デキるビジネスマンはここが違う!周りから「説明上手」と言われるために知っておきたい"説明"のコツ

 ビジネスでは様々なスキルが必要になりますが、本質的な仕事力が如実に表れるスキルが「説明力」です。分かりにくいことや伝えづらいことを上手に説明できる説明力は、表現力や分析力、話し方といった基本的なビジネススキルを総合して初めて成立するものであり、説明力が高いビジネスマンは優秀なビジネスマンといっても過言ではありません。

 説明力を高めて説明上手になるためには、どのような工夫が必要なのでしょうか。今回は、ビジネスで説明上手になるためのコツを紹介します。

必要なことだけ話す

 相手に理解してもらうための工夫は必要ですが、余計な内容を付け加えたり、表現を大げさにしてしまうと、内容が正しく伝わらず誤解されてしまう可能性があります。何かを人に説明する時は、必要なことに内容を絞って話すことが重要です。

 余計な表現を交えた回りくどい説明は、話の本筋を見えにくくしてしまい、肝心の内容をうまく伝えることができなくなってしまいます。まずは伝えたいことのみを簡潔に説明し、何か付け加えたいことや補足事項がある場合は最後にまとめて説明しましょう。

 基本的な部分が理解されていないうちに、補足事項を説明したところで伝わるはずがありません。詳しく説明することと長く説明することを混同してはいけません。説明上手な人ほど短い時間で説明を終えるものです。

たとえ話には注意

 何かを説明する時に理解の助けになるのが、たとえ話です。想像しにくいような内容でも、身近なことに例えて説明すれば理解しやすくなりますし、複雑な内容をわかりやすく説明することができるでしょう。

 ただし、たとえ話には上手に説明しないと、かえって誤解されてしまいやすいという欠点があります。例えるものが的外れであったり、内容にそぐわなかった場合は普通に説明するよりも理解しにくいだけではなく、誤った内容が伝わってしまう可能性があるのです。たとえ話をするときは、内容が歪んで伝わらないように細心の注意が必要になります。

視点を変えてみる

 説明してもなかなかうまく伝わらないと感じたときは、視点を変えて説明するのが説明上手な人のやり方です。ある方向からではわかりにくい内容であったとしても、見方を変えるだけでグッと理解しやすくなるのはよくあることです。企業経営を考える場合、企業の選択の合理性を説明するためには、企業側の視点からだけでなく顧客の側からの視点で説明することが有効になります。

 なぜそのような選択が最適なのかということは、企業と顧客の双方の視点から考えなければ本質的な理解を得ることはできません。多面的なものの見方を活用することが、説明上手になるためのコツになります。


 説明とはビジネスに関わる全ての能力を求められる作業であり、個々のスキルをどう連携して活用するのかが重要になります。説明上手な人は人から尊敬を集め、優秀なリーダーとしての素質を有しています。説明のコツを学んで説明上手を目指してください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する