1. 明日から問題解決がカンタンにできる!絶対に知っておきたい問題解決のアプローチ3原則

明日から問題解決がカンタンにできる!絶対に知っておきたい問題解決のアプローチ3原則

by torne (where's my lens cap?)
 仕事において問題解決をするための有用なアプローチ方法があれば、と思うことが多々あることではないでしょうか。そんな問題でも解決の道筋を見つけることができる人になるために、意識すべきことが存在します。果たしてそれは、どんなことなのか見ていきましょう。

1.根本的な原因を探る

 複雑に思える問題ほど、その根本的な原因は見えにくいものです。まずはその原因を探ろうとするわけですが、見当違いなことを対象にして対策を立てたところで、決して解決には結びつきません。問題解決のアプローチとは、その根本的な原因を突き止めることから始まります。

2.現状を正確に把握する

 その根本的な原因に行き着くためには何が必要なのでしょうか。まずはとにかく現状を正確に把握することが必要です。どのような時に問題が発生するのか、あるいはしないのかなど、その条件となるものを余すことなく調べ尽くすことが必要です。どこかに漏れがあっては、正しいルートを辿ることができません。

3.解決へのアプローチ

 解決へのアプローチは、根本的な原因が発生しないようにする方法を考えるわけですが、ポイントはできうる限り具体的に実行できる形にすることです。誰がどんな状況下でも確実に実行できる形にまで落とし込んでことが重要です。つまり、簡単な作業にすることが必要です。


 突き止めた原因が、問題の根本的なものであれば、それを確実に防止する策を立てることによって解決策になるわけです。問題となっていることが作業的なことであっても、対人関係であったとしても、アプローチは同じです。

 つまり、具体的に誰でも確実に実行できる対策が立てられるまで原因を深く追求することが、問題解決へのアプローチでは重要なことです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する