1. 未来の自分を創造せよ!仕事に将来性を見出すためのマインドセットの方法

未来の自分を創造せよ!仕事に将来性を見出すためのマインドセットの方法

by desertdutchman
 毎日同じ時間に業務をはじめ、同じ業務をし、同じような時間に仕事が終了します。この繰り返しが続くうちに、感覚が麻痺してきて、マンネリ化してきたり、仕事がつまらないと感じることもあります。現代では、生涯現役で働く必要が出てきているなど、仕事が人生の時間をしめる割合は、かなりのものになってきています。

 そのためにも、今回は仕事に将来性を見出すためのマインドセットの方法を見ていきましょう。

一日一日を大切に学ぶ

 毎日、職場では同じことの繰り返しだと考え、適当に仕事を終りにしていませんか。こういった姿勢では、仕事を通じて将来性を見出すということは、不可能に近い状態になってしまいます。どんな仕事でも、どんな職場でも、自分が吸収できる部分は全て学び、吸収しようという姿勢が大切です。

 そのためにも、毎日の業務の中で、改善できる部分、疑問を感じた部分などを少しずつでいいので、取り組むようにしていきましょう。こんなことやっても何も変わらないと思うかもしれませんが、毎日続けた一年後と、何もしないですぎた一年後の自分には、明らかに違いがあるはずです。一日一日を大切に過ごし、毎日を楽しむというマインドセットをすることで、確実に成長していける自分を見つけることができます。

 例えばですが、毎日、学びたいと思っている外国語の文を5つ覚えるとか、新しいビジネス用語を5つ知るという単純なことを繰り返すことでもかまいません。なにか、これをやったら毎日楽しく過ごせそうだ、充実しそうだということを見つけることがポイントになるでしょう。

将来性は自分で見出すもの

 今現在している仕事に将来性が見出せない、という悩みをよく聞くことがあります。今やっている仕事以外に、本当にやってみたい業務がある場合には、転職を考えることも意味があります。しかし、漠然と将来性が見出せずに、どの職種なら将来性があるかと考えることは、はっきり言って無駄です。

 というのも、需要が伸びる職種は、時代により180度変わってしまうからなのです。勉強を始めた時には、あの職種は人気があり将来性もあるとどこでも言っていたとしても、実際に資格を取ったときには、人材が余り就職が難しいということはよくあります。

 ですので、職種にこだわり将来性を考えることは、危険が伴うのです。それよりも、自分がどんなことをしているときが、楽しいと思えるのか、やりがいを感じられるのかを見つめ、その道のスペシャリストになるという目標を立てたほうが、将来性を見出すことにつながるでしょう。


 以上のように、仕事に将来性を見出すためには、毎日を大切に、そして今いる所で如何にやりがいを見つけられるか、それに掛かっていると言っても過言ではありません。ですので、毎日の仕事をただの作業として見るのではなく、「どうすれば楽しいと思えるのか」に重点を置いて見ていくのが、未来の自分のためにも最善の方法になるのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する