1. 「出向の意味を勘違いしてないですか?」 実は出向があなたのキャリアアップにつながる

「出向の意味を勘違いしてないですか?」 実は出向があなたのキャリアアップにつながる


 勤め先から急に出向の話を出され戸惑う人も多くいると思います。というのも、最近のドラマ「半沢直樹」のようなイメージを持っているので、いいイメージがないかもしれません。出向となれば、今までの職場や業務内容はガラッと変わるわけですから、当人にとっては、新しい職場で新しい業務を覚えなければならないわけです。しかし、新しい業務を覚えることに、前向きに取り組めれば、自分のスキルを磨くことも可能になります。

出向の意味

 まず出向とは、そもそもどのような意味があるのでしょうか?今現在、あなたが在籍している会社ではない職場に移り、業務を行うということが、出向の意味です。従来は、あまりよいイメージがなかった出向ですが、近年では、若手の社員などの育成のために出向を行う企業も多くあります。務めている企業よりも小さい規模の企業のトップを任せたりすることで、組織のマネジメント能力を鍛えされるなどの目的があります。ちなみに、出向には基本的には社員の同意は必要ないことになっています。

出向の手順

 出向を急に命じられても、本人にとっては、戸惑うことも多いでしょう。多くの企業では、出向を決めた場合には、出向の理由、労働条件、業務内容を本人にきちんと説明をし、本人の意思を確認する手順を踏んでいます。労働条件についてですが、就業規則の確認をきちんとするべきです。就業規則は、会社ごとに作成したものですので、出向先も同じ就業規則ということはあまりありません。出向中は、出向先の就業規則が適用されることになります。

 今後は出向の意味を勘違いせずに、自分が成長できる場として捉えることが重要になってきます。新しいスキルを磨くチャンスかもしれません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する